Google、Yahoo!の3倍を上回る成長率でシェア拡大中! - 米調査

米Nielsen//NetRatingsは、今年2月の米インターネットユーザーの検索エンジン利用事情を調査した最新レポートの発表を行った。Googleが他社を大きく上回る年間成長率で、急速に伸び続けている。

同レポートによれば、今年2月中に米インターネットユーザーがGoogleを用いて検索を行った回数は、前年同月比40.3%増となる約35億9,769万7,000回。全検索エンジン利用回数のうち、実に55.8%のシェアを確保したとされる。2位のYahoo! 検索の利用回数は約13億3,266万9,000回で、全利用回数の20.7%のシェアを占めるに至ったという。しかしながら、Yahoo! 検索の利用は前年同月比12.0%増と、Googleの3分の1を下回る伸び率にとどまったようだ。3位以下は、MSN/Windows Live、AOL、Ask.com、My Web Searchの順に続いている。

なお、米comScoreが発表した、家庭 / 職場 / 大学における利用を全て含めた、米インターネットユーザーの今年2月の検索エンジン利用調査レポート「comScore qSearch」によると、今年2月中の米インターネットユーザーの検索エンジン利用総数は約69億回。そのうち、Googleを用いた検索利用回数は、全体の48.1%を占める約33億回とされている。2位のYahoo! での検索利用回数は、全体の28.1%となる約20億回とされ、Nielsen//NetRatingsの調査と比較して、GoogleとYahoo!の利用差は小さい。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事