IPTV関連技術の仕様統合を目指した業界団体「Open IPTV Forum」

 

IPTV関連技術の標準化を目指した業界団体「Open IPTV Forum」の設立が3月19日に発表された。AT&T、Ericsson、France Telecom、Panasonic、Philips、Samsung、Siemens Networks、Sony、Telecom Italiaなどが設立メンバー企業に名を連ねている。

立ち上げの目的について、Open IPTV Forumは「オープンスタンダードの採用がIPTV市場の成長を促進し、コンシューマ、ネットワーク事業者、サービスプロバイダ、家電メーカー、コンテントプロバイダ、インフラストラクチャプロバイダなどに最大限の利益をもたらすと考える」と説明している。IPTVの特徴として、パーソナリゼーション、双方向性、オンデマンド・アクセスなどを挙げており、オープンで品質の高いプラットフォームを用意すれば、「コンテンツとコミュニケーションが融合したユニークな可能性がもたらされる」と強調する。すでに3GPP、TISPAN、ATIS IIF、OMA、DVB、DLNA、HGI、ITU-T、DSL Forumなど数多くの団体でIPTV関連技術の標準化が進められているが、いずれも部分的な取り組みであり、Open IPTV Forumではこれらを1つにまとめて、IPTVのソリューションとして完成させるという。オープンスタンダードな技術基盤のほか、コンテンツプロテクション、ネットワークインタフェース、各種サービスとコンシューマ機器の互換性など、IPTVソリューション実現に必要な技術要素をアドレスする。土台となる取り組みの候補として、DLNA (Digital Living Network Alliance)仕様やIP Multimedia Subsystem (IMS)をベースとしたインフラやサービスが挙げられている。今後の計画は、2007年9月に要件およびアーキテクチャ仕様を提供し、さらに2007年12月にプロトコル仕様をリリースする。

設立メンバーには欧州企業が目立つが、「世界的に適用できるオープンなエンドツーエンドのIPTVプラットフォーム」を目指す。しばらくは設立メンバーのみで活動し、今年後半にはオープンな企業参加を可能にするという。

人気記事

一覧

新着記事

アグリーメント、営業支援パッケージにデータ分析用テンプレートを追加
[12:00 8/30] 企業IT
【連載】Hadoopによるビッグデータ分析基盤設計入門 (3) DWH/RDBMSとHadoopの特徴比較
[12:00 8/30] 企業IT
兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第76回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(17) テレワーク
[12:00 8/30] 企業IT
漫画「いたずらオウムの生活雑記」 第336回 ガラガラゲット
[12:00 8/30] 趣味
名画とスター猫がコラボ!? 今度の「ねこ休み展」は美術館がテーマ
[11:54 8/30] 趣味