プレイステーション 3のシステムソフトウェアが「Ver.1.60」にアップデート

 

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)は19日、プレイステーション 3のシステムソフトウェアを3月22日午後よりVer.1.60にアップデートすると発表した。これにより、15日に発表された米国スタンフォード大学が推進する分散コンピューティング・プロジェクト「Folding@home」にネットワークを通じて参加可能となる。

Ver.1.60により、プレイステーション 3のXMB(クロスメディアバー)に「Folding@home」アイコンが追加。ユーザーはアイコンをクリックして起動するだけで、自動的にスタンフォード大学とデータの送受信が開始され、シミュレーションが行われるという。また、エンタテインメントコンテンツ終了後、電源を入れたままにしておくことで、自動的にアプリケーションを走らせる設定も可能となる。

Ver.1.60で更新される主な機能は以下のとおり。

Folding@home

Folding@homeに参加が可能となる。

ピンポイントズーム

画面上のポインタがある場所をピンポイントで拡大表示可能。Webページのソースを分析し、ポインタを合わせた場所に応じて最適な拡大表示を自動的に算出するという。

解像度変更

プレイステーション 3の映像出力解像度に合わせて、Webページの表示サイズを見やすく調整できる。また、インターレース出力の際の画面のちらつきを抑える設定が追加された。

アクセスポイント経由でのリモートプレイ

家庭内のアクセスポイント経由で、PSPからのリモートプレイが可能になる。ワイヤレスLANを搭載していないプレイステーション 3(HDD 20GBモデル)でもリモートプレイ接続が可能に。

バックグラウンドダウンロード

ファイルサイズの大きいデータや複数のデータをダウンロードするときに、ダウンロードしながら他の操作が可能。

フルサイズキーボード

文字の入力時に、画面にフルサイズキーボードを表示できる。

なお。同社では上記以外に更新される機能及び詳細については、アップデート開始以降、Webサイトにて確認するよう呼びかけている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

たぶん そのぶん ふたりぶん 第47回 しからない宣言
[15:00 8/25] ライフスタイル
これぞ"日本版アベンジャーズ"! 宇宙刑事ギャバンとデカレンジャーが巨悪に挑む
[14:54 8/25] ホビー
河口湖を眺めながら「鹿しゃぶ」を楽しむプランが登場 - 星のや富士
[14:48 8/25] ヘルスケア
2015年雇用動向、入職率が離職率を3年連続で上回る
[14:47 8/25] シゴト
あの白目も再現!?「ガラスの仮面」フェイスパックであなたもマヤと月影先生に
[14:40 8/25] ホビー

本音ランキング