田村正和14年ぶりの主演映画は伊東美咲との純愛ストーリー - 『ラストラブ』

 

『DEEP LOVE』などのケータイ小説で、若い女性を中心に人気のベストセラー作家、Yoshi原作による映画『ラストラブ』の完成会見が15日、東京の帝国ホテルで行われた。主演は14年ぶりにスクリーンに復帰した田村正和、そして相手役には伊東美咲が選ばれ、会見のトークセッションでは撮影中のエピソードなどを披露した。

左から:原作者のYoshi、伊東美咲、田村正和、藤田明二監督、中山和記プロデューサー

かつてニューヨークのジャズシーンを賑わせ、ジャズにすべてを賭けてきた男・阿川明(田村正和)。しかし妻が他界したことをきっかけにサックスから遠ざかり、妻を死なせた原因は自分にあると己を責め続ける日々を送っていた。ところが、ある女性と出会い、再び希望と情熱を取り戻す。人を愛することの大切さを描いた、大人のラブストーリーだ。

主演は、『子連れ狼 その小さき手に』以来、14年ぶりの映画出演となる田村正和。自身を「映画では失敗した俳優だった」と話す田村だが、「(プロデューサーの中山)和記さんが、僕の好きだった『ニューヨーク恋物語』のスタッフと一緒に、ニューヨークを舞台にラブストーリーを作らないか、と言ってくれた。現場もテレビのカメラを入れ、テレビドラマと同じ手法で作るとの事だったので、やらせて頂くことになりました」。

「こんなきれいなお嬢さんとラブストーリーが出来て幸せ」と話す田村正和

ヒロイン・上原結を演じる伊東美咲は「深い愛を感じてもらえる作品になっているので、みなさん是非ご覧ください」と挨拶。記者からの共演した感想とお互いの魅力は? との質問に、「ここ近年のドラマのイメージが素敵なパパだったり、優しいパパだったりしましたが、今回、一人の男性として見た時にすごくジェントルマンで心優しいイメージを持ちました。ニューヨークロケでは寒い日が続きましたが、さりげなくカイロを渡して下さったり。本当に優しくして頂いて。すごく素敵な方です」と伊東が答えると、「それだけ?」と田村が突っ込み、笑いを誘った。

幼い頃の傷が原因で愛に向き合えないヒロインを演じる伊東美咲

田村を3年掛かりで口説いたのは中山和記プロデューサー。「正和さんが久方振りのスクリーン登場という事で、格好良さ、渋い味、そして伊東美咲さんの美しさを堪能してもらえれば。また、正和さんにはサックスの曲を6曲全部憶えて、本当に吹いて頂いた。それも見どころのひとつかと思います」。

中山和記プロデューサー

監督は、ドラマ『黒革の手帳』、『けものみち』などを手掛けた藤田明二。「非常にソフトな題名が付いていますが、50代後半からの団塊世代の男性に観て頂きたいラブストーリーに仕上がっています。田村さんとは『新ニューヨーク恋物語』以来約3年振りですが、まったく衰えない、男の色気を感じました」と太鼓判。

劇場作品は2作目となる藤田明二監督

原作者のYoshi

原作者のYoshiも「設定などで難しい面もあったが、出来るだけ自分なりに深い愛を描いた。映画、本、共にいいものに仕上がったのでは」と出来栄えに自信を見せた。

(C)2007「ラストラブ」フィルムパートナーズ」

『ラストラブ』は6月16日(土)より全国ロードショー。配給は松竹。主題歌は絢香が担当する。
キャスト : 田村正和/伊藤美咲/森迫永依/片岡鶴太郎/ユンソナ/細川茂樹/阿部進之介/山崎一/高島礼子

高鳥真由美(コミュニティ・アド)

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

東急電鉄「東急線アプリ」目的地までの所要時間実績を表示するサービス導入
[00:01 7/29] ホビー
[メイプル超合金・カズレーザー]CM初出演で“全身赤”封印 オレンジポロシャツで“パン田くん”とダンス共演
[00:00 7/29] エンタメ
[激マン!]永井豪の自伝的マンガ「キューティーハニー編」突入 主人公は女の子マンガ家
[00:00 7/29] ホビー
しりあがり寿、休館前パルコの展覧会で「ひとまずシメ」る立体作品飾る
[23:55 7/28] ホビー
阪急電鉄、西宮北口駅隣接地に「西宮北口阪急ビル」建設 - 2018年秋完成へ
[23:54 7/28] ホビー

本音ランキング