堀井雄二も期待! - コーエーがWii初の本格RPG『オプーナ』を今夏発売

 

コーエーは14日、都内で記者会見を開き、Wiiでは初の本格RPGとなる『オプーナ』を、今夏に発売することを発表した。

『オプーナ』は、プレイヤーがティティア星人の子供・オプーナとなり、地球によく似た星・ランドロールで生き別れた弟妹を捜し出すことから始まる。バトルシステムには、頭上の「エナジーボンボン」を指で弾いて敵にぶつける「アクティブボンボンバトル」を採用。Wiiのヌンチャクならではの操作性が楽しめるアクションRPGだ。

主人公のオプーナ。頭上に浮かぶ「エナジーボンボン」で敵に立ち向かう

発表会は、コーエーの小松清志代表取締役社長の「期待以上の素晴らしい出来。心が温まるような、非常にいい作品に仕上がっています」という挨拶で始まった。

続いて登壇したコーエーの杉山芳樹専務執行役員も、「プロジェクトのスタートは2005年の初夏。開発は『ドラゴンクエスト』シリーズの制作を手がけてきたアルテピアッツァさん、そして、音楽は『ファイナルファンタジーXII』の崎元仁さんに担当いただきました。夢の共演を実現したタイトルでございます」と、自信をのぞかせた。

アルテピアッツァ・眞島真太郎氏

同・杉村幸子氏

そして、キャラクターデザインも担当した開発プロデューサー、アルテピアッツァの眞島真太郎氏は、プロジェクターに映し出された『オプーナ』の世界をバックに「わかりやすい、誰でも似顔絵を描けるようなキャラクターっていいなと、ずっと考えていたんです。そしたらある日、夢の中でポーンと丸いやつが出てきて」と、誕生秘話を披露。開発ディレクター・杉村幸子氏とともに「優しくて力強い冒険をしてもらいたいなと思います。あとは"指の快感"というか、(ボンボンを)弾いて飛ばすというシンプルなところを楽しんでもらえたら」と、作品に込めた思いを語った。

デモ画面に眞島氏が登場するというユニークなスタイルでゲーム紹介が行われた

テーマ音楽を手がける崎元氏も「SFといっても線がすごく柔らかくて親しみやすい感じが出ているので、それを音楽でも出したいなと。僕にしては珍しく作りやすかったですね。いつもは床をゴロゴロ転げ回るくらい悩むんですけど(笑)」と、こちらも世界観に惚れ込んだ様子。

『ファイナルファンタジーXII』のサウンドを担当した崎元仁氏

そして、『オプーナ』発表に至る経緯を明かしてくれたのが、コーエーの襟川恵子取締役名誉会長。なんと、来場していた『ドラゴンクエスト』シリーズの生みの親、堀井雄二氏をサプライズゲストとして壇上に招き入れ、「『オプーナ』、どうですかね? ハッキリおっしゃっていただきたいんですけど」と、迫る!

コーエー・襟川恵子取締役名誉会長

アーマープロジェクト代表取締役・堀井雄二氏

登壇した堀井氏から「単純に(ボンボンを)パチパチ弾く感じ、僕『Wiiスポーツ』を結構やってるんで、そういう感覚で遊べるゲームになるんだろうなと思いますね。元々、一昨年の『E3』で初めて襟川さんに会ったときに、アルテピアッツァの二人を紹介したのが今回の縁だと思うんです。そういうわけで、僕も楽しみにしています」との援護射撃を受けると、会場以上にヒートアップする襟川氏。

杉山芳樹専務執行役員、崎元仁氏、襟川恵子取締役名誉会長、杉村幸子氏、眞島真太郎氏、小松清志代表取締役

ビッグタイトルとビッグゲストの揃い踏みで大いに盛り上がった発表会は、「まずは50万本、最終的には100万本のセールスを目指す」という杉山氏の強気の発言で幕を閉じた。絶好調のWiiに更なる弾みをつけられるか。指を鳴らして待ちたい。

モダンデザインとファンタジーが共存する『オプーナ』の世界観

「外をかけずり回って遊んでいたときのことを思い出してもらえたら」と眞島氏

Wii用RPG『オプーナ』は今夏発売予定。価格は6,800円(税抜)。

(C)ARTEPIAZZA/KOEI Co.,Ltd.All Rights Reserved.
(C)Hitoshi Sakimoto

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[欅坂46平手友梨奈]「ポカリ」美少女と制服姿で“中3共演” いじめを受け…
[18:05 7/2] エンタメ
双子タレントの「言動が揃う」は練習の賜物!? 衝撃の“あるある”にスタジオ激震
[18:00 7/2] エンタメ
[真田丸]“聖地”上田で特別展が開幕 三十郎ら家臣も駆けつける
[17:53 7/2] エンタメ
[知英]初の浴衣姿は男性用 “大股開き”「恥ずかしい」
[17:46 7/2] エンタメ
[注目アニメ紹介]「不機嫌なモノノケ庵」 妖怪の悩みを解決 「ガンガンONLINE」の人気マンガ
[17:30 7/2] ホビー

本音ランキング