女性もエアで乱舞! ミス・エアギタージャパン・コンテスト2007

  [2007/03/14]

女性エアギタリストの頂点を目指す「ミス・エアギタージャパン・コンテスト2007」が13日、東京・恵比寿のクラブ「MILK」で開かれた。参加した14組16人の可憐な女性エアギタリストたちが、自慢のエアネスを披露。大賞の「ミス・エアギタージャパン・コンテスト2007」には、ファンタスタープロモーション所属のモデル、西内裕美さんが選ばれた。

グランプリに輝いた西内裕美さん(写真中央)

エアギターとは、音楽に合わせて、目には見えないギターを弾くパフォーマンスのことを指す。楽器は、エレキ、アコースティックのどちらか、またはその両方を使用できるとしている。

日本で唯一のエアギター公式団体「Air Guitar Japan」によると、1996年、フィンランドの南部地域で、ストリート・イベントとしての大会が開催されたのが発祥で、その後、ヨーロッパを中心に知名度が高まっていった。世界各国で選手権が開かれており、その頂点に立つのが毎年8月にフィンランドのOULE(オウル)で開かれる「Air Guitar World Championships」(エアギター世界選手権)だ。

エアギター世界選手権は、日本を含む13加盟国で、それぞれ国内大会を勝ち抜いた優勝者が参加し、その年の世界チャンピオンを決定する。日本では2005年、金剛地武士が世界選手権で世界4位に入賞。2006年にはお笑いコンビ「ダイノジ」の大地洋輔が、世界選手権で優勝し、注目を集めた。

「ミス・エアギタージャパン・コンテスト」は、女性を対象としたエアギターの選手権で、昨年から始まった。主催は「Air Guitar Japan」。今回は、大会側が音楽を提供する「規定パフォーマンス」と自己PRの2点を踏まえ、入賞者を選考した。審査は、かながわIQ会長のほか、漫画家のぴょこたん先生、ヘアメイキャップアーティストの金子史佳さん、かかしギタリストの村上雅信さんの計4人によって行われた。参加者はそれぞれ、自己PRの後、JETの「Are You Gonna Be My Girl」を30秒間に編集した楽曲を使い、エアギターを演奏。各プレイヤーは、足をギター代わりに弾く「足ギター」など、それぞれ特徴のあるパフォーマンスを披露した。

日本で唯一のエアギター公式団体「Air Guitar Japan」のかながわIQ会長

足をギター代わりに弾く「足ギター」など、それぞれ特徴のあるパフォーマンスを披露。写真はミス・エアギターファッショニスタの沢村洋奈さん

「準ミス・エアギタージャパン・コンテスト2007」には、倉橋紗由梨さんと鈴木礼央奈さんの2人が選ばれた。大賞に輝いた西内さんは「まさかグランプリに選ばれるとは思わなかった。本当にうれしい」と驚きを隠せない様子。西内さんは今後、日本大会の前哨戦となる「エアギター2007 第一回東京地区予選」で司会を務めるという。最後は、参加者全員でエアギターをプレイ。大団円の中、終了した。

「準ミス・エアギタージャパン・コンテスト2007」には、鈴木礼央奈さん(写真左)と倉橋紗由梨さん(写真右)の2人が選ばれた

また、コンテストの合間には、2005年日本選手権3位の宮城マリオらによるエアギターの演奏や、今回のコンテストで「ドリス」として参加したお笑い芸人、ゴージャスによるショートコントなども行われた。

こちらは、今回司会も務めた2005年日本選手権3位の宮城マリオによるエアギターの演奏

ステージでは水着や特製の衣装などに身を包んだ女性が、自慢のエアギターの演奏を披露した。写真左はミス・エアベストプレイのナイチチ、写真右はミス・エアフォトジェニックに選ばれた助川まりえさん

入賞者は以下の通り。

賞名 受賞者
グランプリ 西内裕美
準グランプリ 倉橋紗由梨
鈴木礼央奈
審査員特別賞 縄野麻美
ミス・エアフォトジェニック 助川まりえ
ミス・エアギターファッショニスタ 沢村洋奈
ミス・エアベストプレイ ナイチチ

写真で見るニュース

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ヤマハ、エントリー機ながらDolby AtmoやDTS:Xに対応するAVレシーバー
[21:59 5/24] 家電
[清水富美加]「HK/変態仮面アブノーマル・クライシス」ヒロインの魅力は「清純という名のエロス」
[21:44 5/24] エンタメ
安野モヨコ「鼻下長紳士回顧録」イメージした女性服が伊勢丹に
[21:31 5/24] ホビー
新たな完全ワイヤレスイヤホン「Aria One」 - e☆イヤホンで先行販売
[21:09 5/24] 家電
ジョニデ、アン・ハサウェイ『アリス・イン・ワンダーランド』USプレミア登場
[21:03 5/24] エンタメ

本音ランキング

特別企画 PR