日本のバナー広告費は634億円、堅調な伸び - ネットレイティングス

 

ネットレイティングスは、2006年第4四半期(10-12月期)のオンライン広告統計「AdRelevance (アドレレバンス)」の調査結果を発表した。当期の日本全体のバナー広告費は634億円に達し、堅調な伸びを示しているが、その中で個人ローン関連広告の落ち込みが見られたという。

調査結果によると、2006年第4四半期の日本全体のバナー広告費は634億円で、単月平均は約210億円余り。同社がオンライン広告統計を開始した2006年9月度の192億円と比較すると9%の成長で、堅調な伸びと言える。ただし、11月~12月はボーナスおよび年末年始商戦に向けて広告業界全体の動きが活発になる時期でもあるので、この4カ月の推移だけでは判断できない部分もあると思われる。

2006年第4四半期の日本全体のバナー広告出稿量。9月は総アドインプレッション29,459百万回、総推定広告費19,176百万円
出典: ネットレイティングス

全体的に好調といえるオンライン広告市場にあって、同市場のメインプレイヤーのひとつである消費者金融業各社の広告出稿が伸び悩んだ。昨年は個人向けローンの業務内容をめぐり金融庁から大手消費者金融に対して業務停止命令が出され、テレビCMも自粛されたことなどが背景にあると考えられる。

同社では、消費者金融業をスポンサーとする媒体の一部では大きく広告集稿が落ち込む現象が見られたが、日本全体ではその落ち込みを充分にカバーするだけの出稿があったと分析している。また、2007年1月度では消費者金融業の広告出稿も回復する傾向にあるという。

同社代表取締役社長兼チーフアナリストの萩原雅之氏によると、最近の傾向として、ネット広告の主役が従来のネットをインフラとして活用しているインターネット関連企業から自動車、化粧品、飲料・食品をはじめとする消費財メーカーにシフトしているという。

2006 年第4 四半期並びに2007 年1 月期の主要業種の推定バナー広告費
出典: ネットレイティングス

同時に発表された主要業種の推定バナー広告費から計算すると、全体の推定バナー広告費のうち約15~20%をこれらの業界の広告が占めていることになる。製品紹介コンテンツやプレゼントキャンペーンなどにおいては、これらの業界でも積極的にネットが活用されているが、バナーの出稿についてはまだ模索中というところだろうか。同氏は「従来の広告市場のメインプレイヤーであるこれらの企業の積極的なネット広告の活用が、日本のオンライン広告市場の成長に更なる拍車をかけていくでしょう。」と述べている。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー
みなさんメガネ男子は好きですか?『おそ松さん』が一番くじでメガネ姿を披露
[20:00 7/23] ホビー
[真田丸]片岡愛之助が吉継ゆかりの地・敦賀に 「愛されている」と実感
[19:55 7/23] エンタメ
[HKT48兒玉遥]初のソロ会見に「緊張」 天然発言も
[19:55 7/23] エンタメ

求人情報