『クレイジー・クライマー』『エレベーターアクション』がLCDゲームで復活!

 

エポック社は、LCDゲーム「EL-SPIRITS」のレトロシリーズ第3弾として『クレイジー・クライマー』と『エレベーターアクション』を発売する。4月28日より、全国量販店や百貨店、玩具専門店などで販売される予定。価格は各1,050円

『クレイジー・クライマー』は、日本物産が1980年に発売したアーケードゲーム。しらけコンドルやおじゃまMANの攻撃をかわしながら、窓枠をつたい、ビルの屋上を目指すアクションゲームだ。8方向に対応するレバー2本を操作するという斬新なゲーム性で当時、多くのファンを魅了した。「EL-SPIRITS」の『クレイジー・クライマー』は左右各3つのボタンで操作、ステージは4つ用意され、レベルも3段階に調整可能。BGMや効果音などもそのまま再現されている。

『クレイジー・クライマー』
(C)nichibutsu

『エレベーターアクション』は、タイトーが1983年に発売したアーケードゲーム。エレベーターを操ながら敵のアジトに忍び込み、機密書類を盗み出すアクションゲームだ。「EL-SPIRITS」の『エレベーターアクション』は、LCDながら潜入・脱出シーンも再現。アジト(ステージ)は2つで、レベルは3段階に調整可能となっている。

『エレベーターアクション』
(C)TAITO CORPORATION 1983

同社では「EL-SPIRITS」のレトロシリーズを、昨今の復刻ブームのなか、ファミコン世代に向けた商品として展開していくとしている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ドコモと仙台市、ドローンなどICT利用で活力ある街作りで連携
[10:15 8/30] 企業IT
プログラミング言語「Python」を学ぶべき理由
[10:06 8/30] 企業IT
中居正広、記念日を大切にする結婚生活「地獄としか…」
[10:02 8/30] エンタメ
Hot Chips 28 - 冒頭を飾った注目の「ARM Bifrost GPU」の発表
[10:00 8/30] テクノロジー
【特別企画】NTTデータが新入社員研修に「教育版レゴ マインドストーム EV3」を導入した理由
[10:00 8/30] テクノロジー

本音ランキング