Google Mapsに交通情報ボタン、米国30都市以上で渋滞情報を提供

Googleが地図検索サービス「Google Maps」に、道路交通情報を地図にオーバーレイする新機能を追加した。現在、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルスなど、米国の30都市以上で利用できる。

米国でもっとも渋滞がひどいと言われるロサンゼルス地域。午前9時の渋滞状況

米国全体を表示すると、道路交通情報を利用できる都市には信号のアイコンが表示される

Google Mapsで米国を表示すると、表示モード・ボタンに従来の[Map][Satellite][Hybrid]に加えて、[Traffic]が追加される。Traffic機能をオンにすると、主要道路の最新の渋滞情報が赤(渋滞)、黄(混雑)、緑(混雑なし)の3色で表示される。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事