東芝、車載向けHDDが好調 - 出荷台数500万台を突破しシェア85%を占める

  [2007/02/28]

東芝は28日、同社の車載向けHDDの累計出荷台数が500万台を超えたと発表した。同社では、2001年から車載向けHDDの販売を行っており、15社以上の車載機器メーカで採用されているという。

車載向けHDDは、おもにカーナビゲーションシステムで使用されている。高温から低温までの広い動作温度範囲や、高い耐振動特性が求められることなど、要求される対環境特性がパソコン携帯音楽プレーヤなどの用途より厳しい。

テクノシステムリサーチの調査によると、2006年の車載向け磁気ディスク装置市場において、同社の製品は85%のシェアを獲得したという。

そのほか、米AppleのiPodの売り上げが好調なことから、1.8型HDD市場において同社の製品は高いシェアを占めている。また同社では2004年から0.85型HDDも出荷しており、携帯電話などに搭載されている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

フジテレビ、月額888円で見放題の動画配信サービス「FODプレミアム」
[18:33 6/27] スマホとデジタル家電
林遣都、主演ドラマ『火花』が海外でもヒットで「こんなことになるとは」
[18:30 6/27] エンタメ
ヤマト運輸、LINEで荷物状況の確認や配送日時・場所の変更が可能に
[18:20 6/27] 携帯
英国進出の日本企業、約半数が大手企業 - 「日EU経済連携協定」への影響も
[18:15 6/27] マネー
[門脇麦&菅田将暉]映画「二重生活」語る 同世代共演に「最初からピタッときた感じ」
[18:14 6/27] エンタメ