Google、企業向け機能を強化したGoogle Appsの上位版

 

米Googleは2月22日(現地時間)、同社が2006年8月より提供しているアプリケーション・スイート「Google Apps」の上位版「Google Apps Premier Edition」の提供を発表した。無償提供が行われていた従来バージョンのStandard/Education Editionに対し、Premier Editionではユーザーごとに年間50ドルの料金が必要となる。その代わり、ユーザーごとに10GBのメール保存容量の提供や99.9%のGmail稼働率を保証するなど、企業用途向けにさらにグレードを上げたサービス内容となっている。

Google Appsは、WebメールサービスのGmail、共有スケジューラのGoogle Calendar、音声チャット機能のついたGoogle Talk、さらに各企業や組織向けにカスタマイズしたスタートページなどの機能をまとめて提供するアプリケーションスイート。同社によれば、10万以上の小規模企業や大学などが現在同サービスを利用しているという。今回発表されたPremier Editionは企業向けサービスをさらに強化し、大規模ユーザーの取り込みを狙うもの。Premier Editionに搭載された新機能は下記の通り。

  • ユーザーごとに10GBのメールストレージ
  • シングルサインオン(SSO)、メールゲートウェイ、ユーザープロビジョニング、データマイグレーションのためのAPI提供など、企業の既存システムとの連携機能
  • Gmail向けに99.9%の稼働率保証
  • 24時間365日のユーザーサポート
  • デフォルトで広告表示をオフ、あるいは特定広告のみの表示かの選択

Premier Editionでは単位ユーザーごとに年間50ドルの料金が適用されるが、従来バージョンのStandard/Education Editionは引き続き無償提供が行われる。また全バージョンに共通で、下記の新機能追加が行われていることも報告されている。

  • ワープロ/表計算アプリケーションのGoogle Docs/Spreadsheets
  • BlackBerryでGmailを利用する「Gmail for mobile devices on BlackBerry」
  • 企業ポリシーに応じてアプリケーションの利用制限を行う「Application-level control」

Googleでは、Procter & Gamble Global Business ServicesやSan Francisco Bay Pediatricsなどの組織が早期テストユーザーとしてすでにPremier Editionの利用を開始しているほか、大手企業のGeneral Electricが利用の検討に入っていると紹介している。そのほかにも、Salesforce.comやPrudential Preferred Properties、フランス企業のEssilor and Mediametrieなどが早期ユーザーとして名乗りを挙げており、オンデマンド型のサービスとしては広く受け入れられはじめている様子がうかがえる。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

総務省、「ポケモンGO」に関する注意喚起 - ポケストの削除依頼方法も案内
[15:36 7/27] スマホとデジタル家電
春雨スープやグラノーラも!? 実はダイエット向きじゃない食品6選
[15:34 7/27] ヘルスケア
『ガヴリールドロップアウト』のTVアニメ化が決定! メインスタッフを公開
[15:32 7/27] ホビー
Windowsのプロダクトキーをコマンドで知る方法
[15:30 7/27] 企業IT
TVアニメ『初恋モンスター』よりラバストなどユニークなグッズが登場
[15:15 7/27] ホビー

求人情報