MS、XPユーザー向け正規Windowsの認証サービスを開始 - WGA Notifications

  [2007/02/20]

マイクロソフトは20日(米国時間)、Windows XPユーザーを対象に、正規Windows推奨プログラム「Windows Genuine Advantage(WGA)」によるライセンス確認サービス「Windows Genuine Advantage Notifications(WGA Notifications)を開始すると発表した。サービスはWindows XPの自動更新機能で提供する。偽造ソフトウェアの被害からユーザーとパートナーを守ることが目的だという。

WGA Notificationsは北米、イギリス、フランス、ドイツ、香港をはじめとする国・地域ではすでに実施されているが、今回の発表で、日本を含む他の地域にもサービスの適用範囲を拡大した格好。同社新OSであるWindows Vistaには、すでに同サービスが組み込まれているとされる。

実施にあわせ20日、マイクロソフトはWGA Notificationsの記者向け説明会を開催。同社Windows本部マネージャ 篠田尚平氏がサービスについて解説した。同氏によれば、違法なボリュームライセンスなどの要因で、日本では約7%のPCがWGAの確認に失敗している状況だという

WGAは正規のWindowsソフトウェアの価値を偽造ソフトウェアと差別化するプログラムであると定められており、2005年の7月より実施されていた。今回のWGA Notificationsは、そのWGAを拡張した通知機能/サービスであり、ユーザーがWGA Notificationsのインストールを選択すると、WGAによるライセンス認証が行なわれ、使用中のWindowsが正規品かどうかの確認をすることができる。

正規品でないWindowsを使用していることが判明した場合、マイクロソフトの専用Webサイトで詳細を確認することができ、ユーザーの任意により、正規品への移行作業を行うことも可能だ。なお、前述した通り、WGA Notificationsの提供にはWindows XPの自動更新機能が利用されるため、インストールするには同機能を有効にしている必要がある。

WGA Notificationsを導入、不正ライセンスを検知するとこのようなメッセージで解決をうながす機能も持つ。画像はログイン画面だが、ひとまずはこのままログインすることも可能

マイクロソフトではユーザーに対し、自動更新を利用した提供がすでに開始されているという理由から、以下のリンクにある専用サイトで事前にサービス概要を確認するよう求めている。

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

【コラム】軍事とIT 第141回 X-2と将来戦闘機(7)データリンク
[11:00 5/28] 企業IT
焼肉のタレ派VSしお派。回答1,000人のうち7割以上が好む味は!?
[11:00 5/28] 趣味
舞台「インフェルノ」植田圭輔&平野良のビジュアル解禁、山内圭輔も出演
[10:00 5/28] ホビー
【ハウツー】メモ・ノートとして使える「ページ」の入力方法とは- イチからはじめるOneNote
[10:00 5/28] 携帯
[関根勤]「まさか自分が…」 心臓の緊急手術を振り返る
[09:26 5/28] エンタメ

特別企画 PR