Intel Mac用仮想化ソフトのリリース候補最新版が公開 -Vista対応強化

 

米Parallelsは16日、Intel Mac向け仮想化ソフト「Parallels Desktop for Mac」のリリース候補版(RC3/Build 3170)を公開した。配布されるディスクイメージは約39MB、正規ユーザのほか15日間有効なトライアルキーを入手したユーザも試用が可能。

今回のビルドでは、Windows XPからVistaへのアップグレードに対応。前回のリリース候補版(RC2)で、VT-xオプションが有効なときVistaの起動に失敗する問題が修復されたことに続き、Vistaのサポートが強化された。

Mac OS X側とのファイル共有機能も強化。フォルダ共有機能のオプションとして、Macのファイルシステム全域を共有する「Global」と、カレントユーザーのホームフォルダのみ共有する「Local」が追加、いずれかの方式を選択可能になった。

運用中のOSをイメージファイル化する「Parallels Transporter」も機能アップ、VMwareとVirtual PCの仮想HDDをParallels標準の形式(*.hdd)に変換することが可能になった。USBサポートを改良、利用できるUSBデバイスの種類が増えたほか、Mac OS Xの次期バージョン(Leopard)での動作もサポートされる。

なお、MicrosoftはWindows Vistaのエンドユーザー使用許諾契約書(EULA)を、従来のものから一部変更。個人向けに5種類用意されたパッケージのうち、BusinessとUltimateはParallels Desktopを含む仮想マシン上で利用を許されるが、Home BasicとHome Premiumについては許されない。Parallels Desktop for MacでVistaを利用する場合も、BusinessかUltimateを選択する必要がある。

人気記事

一覧

新着記事