サンコー、お手ごろ価格の骨伝導ヘッドフォンを発売

 

サンコーは15日、骨伝導ヘッドフォン「VONIA EZ-4200P」を発売した。同社のショッピングサイト「サンコーレアモノショップ」での販売となり、価格は9,800円。

手ごろな価格の骨伝導ヘッドフォン「VONIA EZ-4200P」

骨伝導ヘッドフォンは、空気の振動で音を伝えるのではなく、直接骨に振動を伝えるタイプのヘッドフォン。長時間の使用でも鼓膜に負担がかからないうえ、騒音の多い場所でも、音量を上げずに明瞭に聞き取ることができる。また、耳をふさがないので、周囲の音は普通に聴くことができるというメリットもある。同製品は、見た目は普通のオーバーヘッドタイプのヘッドフォンに近いが、耳に装着するのではなく、こめかみ部分の骨に当てて使用する。また、耳当て部分を回転させると、通常のヘッドフォンと同様に耳の部分に装着することも可能となるが、その場合でも、普通のヘッドフォンとしてではなく、あくまでも骨伝導ヘッドフォンとして動作する。

3.5mmのステレオミニプラグが装備されており、接続は普通のヘッドフォンと同じように行える。電源は不要。

なお、同社によると、「VONIA EZ-4200P」は耳から音が聞こえてくるわけではないので、最初は違和感があるものの、普通のヘッドフォンと同様に十分音楽を楽しめるレベルの音質だという。また、空気を振動させるタイプのヘッドフォンに比べて音漏れも小さくなるとのことだ。

VONIA EZ-4200Pの主な仕様
感度 74dB±3dB
標準出力 30mW
最大出力 70mW
インピーダンス 10Ω±20%(DCR)
サイズ 約150(W)×約185(H)×約55(D)mm
質量 73.5g

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

東京モノレール「モバイルSuica」で乗ると最大1万円当たる共同キャンペーン
[16:16 8/30] ホビー
東京23区で平均世帯年収が最も高い小学校区はどこ?
[16:16 8/30] マネー
サンワダイレクト、ブルーLEDセンサー搭載のシンプルなBluetoothマウス
[16:12 8/30] パソコン
箱根登山鉄道・南海電鉄など「全国登山鉄道パーミル会」ヘッドマークを掲出
[16:03 8/30] ホビー
はるな愛、21歳年下彼氏との半同棲認め「絶対結婚したい」
[16:03 8/30] エンタメ