全長2メートル超のエヴァ初号機フィギュアが秋葉原に展示される!

秋山工房が製作した「エヴァンゲリオン初号機ヒューマンスケールフィギュア」が、2月11日に発売された。それを記念して、今回、秋葉原のホビーショップ「コトブキヤ ラジオ会館店」で展示されることとなった。展示期間はまだ定かではないが、2月25日は「ワンダーフェスティバル」での展示が予定されているため、一時店頭より姿を消すことになるので注意が必要だ。

2m超の巨大な初号機フィギュアは、細部にまでこだわって製作。コトブキヤ ラジオ会館店とワンダーフェスティバルで、実際に見ることができる
(C)GAINAX・カラー/Project Eva.

「エヴァンゲリオン初号機ヒューマンスケールフィギュア」は、全高約2,090mmという大型フィギュアで、価格は「エヴァンゲリオン初号機ヒューマンスケールフィギュア[移動台座セット]」が1,107,750円、フィギュア単体は1,034,250円。納期は約1カ月からとしている。専用の台座も発売されており、「定置式専用台座」は49,350円、「移動式専用台座」が73,500円。受注は秋山工房のオンラインショップと、コトブキヤのオンラインショップで行われている。

「エヴァンゲリオン初号機ヒューマンスケールフィギュア」が公にお披露目されるのは今回が初とされ、展示は2月17日より行われる。また、折しもその日は庵野秀明監督から『新世紀ヱヴァンゲリヲン<新劇場版>』に関する声明が、全国50館の映画館で発表される予定だ。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事