Microsoftの組み込みフレームワーク - .NET Micro Framework SDK、提供開始

Microsoftはドイツで開催中のEmbedded World 2007において13日(現地時間)、Microsoft .NET Micro Framework SDKの提供開始を発表した。開発環境としてはMicrosoft Visual Studio 2005のStandard Edition以上のエディションが必要。

.NET Micro Frameworkはモバイルおよび組み込み機器向けのフレームワーク。開発環境としてVisual Studioを使うことができ、デバッグ環境などの充実が特徴だ。言語としてはC#を採用、Windows/.NETの開発者にとっては低い学習コストも魅力だろう。

ARM7/9プロセッサコアベースのプラットフォームをサポート、Windows上でテストを行うためのエミュレータも提供される。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事