一足早いバレンタインプレゼント - 石井めぐるが初のネットサイン会開催

 

グラビアのみならず、ドラマや舞台など女優としても活躍するタレントの石井めぐるさんが12日、画面上を共有するソフト「Sync+」を使ったネットサイン会を開いた。

同ソフトは遠隔地に住む人と一対一でコミュニケーションが取れ、ミーティングや取引先との打ち合わせ、商品説明などにも応用できるという。シンクプラスの川北潤社長は「Sync+を使うことで同じページを画面上で共有でき、サイズやスクロールまでシンクロさせることが可能」と話す。

楽しそうにペンタブレットを操りながらサインする石井めぐるさん

事前に参加者を募集しており、全国各地のファン13人が当選した。中には病院から参加した人もいたという。石井さんはファンと電話で会話しながら、パソコンに表示された自分の写真を色紙がわりに、ペンタブレットでサインやファンの名前などをそれぞれ書き込んでいった。世界にひとつしかないサイン色紙にファンからは「思った以上にきれい」「北海道や沖縄でもサインができてしまうのはすごい」などと驚きの声が上がった。石井さんも「電話でお話ができるので、ファンの方がとても近く感じました。普段よりゆっくりファンとコミュニケーションが取ることができたので、とっても楽しかったです」と笑顔を見せていた。

シンクプラスの川北潤社長(左)と石井さん(右)

このほか当選者には、パソコンの壁紙や携帯の待ち受け画面に加工したサイン入り色紙画像がプレゼントされた。また、惜しくも当選から外れた人のためにネットサイン会のライブ中継もネット上で行われた。ライブ中継には石井さんのインタビューも織り込まれた。

「普段よりゆっくりファンとコミュニケーションが取ることができたのでとっても楽しかった」と大満足

石井さんは現在、日本語講座番組「エリンが挑戦、にほんごできます」(NHK)の「めぐみ」役、オンラインRPG「メイプルストーリー」のCMなどで活躍。毎日更新しているブログ「メグルノブログ」では、仕事や私生活などを写真付きで紹介している。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ドコモと仙台市、ドローンなどICT利用で活力ある街作りで連携
[10:15 8/30] 企業IT
プログラミング言語「Python」を学ぶべき理由
[10:06 8/30] 企業IT
中居正広、記念日を大切にする結婚生活「地獄としか…」
[10:02 8/30] エンタメ
Hot Chips 28 - 冒頭を飾った注目の「ARM Bifrost GPU」の発表
[10:00 8/30] テクノロジー
【特別企画】NTTデータが新入社員研修に「教育版レゴ マインドストーム EV3」を導入した理由
[10:00 8/30] テクノロジー

本音ランキング