プレゼンに必携--バスパワーの限界超える大出力USBスピーカー発表 - ヤマハ

村田修  [2007/01/31]

ヤマハは、USBスピーカーの新モデル「NX-U10」を発表した。発売は2月下旬で、価格は2万5000円。

USBのバスパワー駆動でありながら、大出力を実現した「NX-U10」

NX-U10は、USBのバスパワーで動作するアクティブスピーカー。PCに接続した場合、USBオーディオデバイスとして認識される。PCとの接続はUSBケーブル1本で行う。使用するポートは1基のみ。となると、5V/500mAまでしか給電できないことになる。NX-U10の消費電力は、最大で2.5Wとなっており、USBの規格を無視した製品というわけではない。しかし、通常のこのクラスのアクティブスピーカーの約20倍に当たる20W(10W×2)の瞬間パワーを実現しているというのが最大の特徴となっている。なお、同社によると、瞬間パワーとは、0.1秒間、連続して出せるパワーのことだという。

音声信号を増幅する際には、常に最大のパワーを必要としているわけではない。例えば、無音部分などでは、消費する電力は低くなる。そのようなときに電力をチャージしておいて、必要なときに使用するというのが、NX-U10の仕組みのようだ。ようだ、というのには理由があり、同社では、この「PowerStorage回路」について特許申請中のため、現時点で詳細を明せないためだ。

なお、電源は、USB/AC変換アダプターも付属しており、ACでの動作も可能。また、単4電池4本でも駆動できる。

使用しているユニットは38mmチタン振動板フルレンジ×2。さらに「SR-Bass」と呼ばれる「スイングラジエーター」(一種のパッシブラジエーター)を搭載しており、低音域の増強が図られている。

サイズは幅248mm×高さ100mm×奥行き33mmとなっており、B5サイズのPCにもっともマッチする。同社では、このNX-U10をプレゼンテーション用のスピーカーとしても考えているとのことだが、アナログ入力を装備しているためノートPCのみならず、デジタルオーディオプレーヤーや音楽ケータイとの接続も可能だ。なお、USB以外に3.5mmステレオミニジャックの入力端子を備えている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

日本TI、40A出力・入力電圧16VのDC/DCコンバータを発表
[16:28 6/1] テクノロジー
高さ2.8mの"ギア4"ルフィ世界初展示!「JUMP SHOP お台場店」7/15より開催
[16:21 6/1] エンタメ
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - AMDが"ZEN"採用ハイエンドCPU「Summit Ridge」をチラ見せ
[16:19 6/1] パソコン
中小企業の黒字企業割合が51%へ - "改善"に真摯に取り組む企業ほど効果
[16:12 6/1] 企業IT
2015年の国内企業向けネットワーク機器市場の成長率は前年比5.6%増-IDC調査
[16:10 6/1] 企業IT