T-SS、高度なセキュリティレベルを備えた無線LANアクセスポイントを発売

 

トリニティーセキュリティーシステムズ(T-SS)は、法人向けの無線LANアクセスポイント「IPN-W100AP」および無線LANアクセスポイント「IPN-W100AP」を発売した。無線LANの暗号化方式の規格であるWPA2(Wi-Fi Protected Access 2)に相当するセキュリティレベルを備えているおり、構成がシンプルであることが特徴。本アクセスポイントと本クライアントカードを組み合わせるだけで無線LANシステムが構築できる。

無線LANアクセスポイント「IPN-W100AP」

無線LANアクセスポイント「IPN-W100AP」

IPN-W100APには、同社がIPN(Identified Private Network)と呼ぶ、WPA2に相当する独自のセキュリティ技術が使われている。これは、ワンタイムパスワード認証方式「SAS-2」と暗号化方式「AES」を組み合わせた技術である。

セキュリティ機能について具体的には、アクセスポイント「IPN-W100AP」とクライアントカード「IPN-W100CB」との間でやり取りされるパケットについて、1パケットごとにワンタイムパスワードによる自動認証が行われる。また、個々のパケットはAES方式を用いて暗号化されている。暗号化/復号化の処理をハードウェア上で行ったり、計算量を減らすようなアルゴリズムを用いるなどの工夫を行っているため、セキュリティに関わる処理は、無線LANの通信速度にほとんど影響を与えないという。ワンタイムパスワードについては、初回に一度設定を行えば、後は同アクセスポイントと同クライアントカードの間で自動的に発行と認証が行われる。

従来、WPA2に対応した機器で無線LANシステムを構築しようとした場合、構成が複雑化するということがあったが、IPN技術を用いるため、同アクセスポイントと同クライアントカードだけでシステムを構成できる。また、構成がシンプルになるため、管理や運営の手間も軽減できるという。

すでに、高知県企画振興部情報推進課や、慶應義塾大学環境情報学部 村井研究室などで、導入や実証実験が行われている。価格は、アクセスポイント「IPN-W100AP」が134,400円、クライアントカード「IPN-W100CB」が10,290円。2007年3月31日まで、IPN-W100APを1台購入するごとに、IPN-W100CBを2台無償提供するというキャンペーンを行っている。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「秋は抜け毛がひどい」は真実! 抜ける原因や期間、本数を医師が解説
[10:45 9/27] ヘルスケア
資生堂、学習型レコメンデーションエンジン搭載のヘアスタイルBotサービス
[10:44 9/27] 企業IT
トーストの次はコーヒー! - バルミューダ、最高の注ぎ心地を追求した電気ケトル「BALMUDA The Pot」を投入
[10:41 9/27] スマホとデジタル家電
日本一人口の少ない村は東京にある! "青ヶ島フェア"で希少なご当地グルメを
[10:30 9/27] 趣味
Microsoft、Adobe Systemsとクラウド分野での協業を発表
[10:29 9/27] 企業IT

求人情報