アップル、一部Macの802.11n機能を有効にするソフトを発売

 

アップルが「AirMac Extreme 802.11n Enabler for Mac」の販売を開始した。IEEE 802.11nネットワークに接続する基本機能を備えた一部のMacで、同機能を有効にするソフトウエアだ。価格は250円となっている。2月出荷予定の新製品「AirMac Extremeベースステーション」と「Apple TV」が802.11nのドラフト仕様をサポートしており、Mac側の対応が注目されていた。

802.11n Enablerソフトウエアで802.11n接続機能を有効にできるMacは以下の通り。

  • Intel Core 2 Duo搭載のMacBook Pro
  • Intel Core 2 Duo搭載のMacBook
  • AirMac Extreme(オプション)搭載のMac Pro
  • Intel Core 2 Duoプロセッサ搭載のiMac (1.83GHzの17インチiMacを除く)

なおAirMac Extremeベースステーションには802.11n Enablerソフトウエアが含まれており、同製品を購入する場合は別途802.11n Enablerソフトウエアを入手する必要はない。

人気記事

一覧

新着記事

現状に不満がある理由1位は?
[17:31 9/29] マネー
イベントは戦なり!『刀剣乱舞』モチーフの抜刀できる17色変化ペンライト登場
[17:13 9/29] ホビー
宮根誠司、同級生のダウンタウンとTV初共演「聞きたいことをぶつけられた」
[17:13 9/29] エンタメ
[渕上舞]ガルパン応援大使・蝶野選手と「パンツァー、フォー!」 “カップ麺・愛”も語る
[17:11 9/29] ホビー
ローランドDG、ワークエリアが1.6倍に拡大した3D切削加工機「MDX-50」
[17:09 9/29] テクノロジー