アップル、一部Macの802.11n機能を有効にするソフトを発売

 

アップルが「AirMac Extreme 802.11n Enabler for Mac」の販売を開始した。IEEE 802.11nネットワークに接続する基本機能を備えた一部のMacで、同機能を有効にするソフトウエアだ。価格は250円となっている。2月出荷予定の新製品「AirMac Extremeベースステーション」と「Apple TV」が802.11nのドラフト仕様をサポートしており、Mac側の対応が注目されていた。

802.11n Enablerソフトウエアで802.11n接続機能を有効にできるMacは以下の通り。

  • Intel Core 2 Duo搭載のMacBook Pro
  • Intel Core 2 Duo搭載のMacBook
  • AirMac Extreme(オプション)搭載のMac Pro
  • Intel Core 2 Duoプロセッサ搭載のiMac (1.83GHzの17インチiMacを除く)

なおAirMac Extremeベースステーションには802.11n Enablerソフトウエアが含まれており、同製品を購入する場合は別途802.11n Enablerソフトウエアを入手する必要はない。

人気記事

一覧

新着記事

「ぼのぼの×HELLO KITTY」新作や「ぼのちゃん」初グッズを夏コミで販売
[15:46 7/31] ホビー
[高橋愛]“ハリポタ愛”語る 「一緒に年を重ねている感じ」
[15:26 7/31] エンタメ
[真田丸]長宗我部盛親役の阿南健治がゆかりの地・高知へ 「龍馬だけではなく盛親も応援して」
[15:20 7/31] エンタメ
カリスマ実演販売士・レジェンド松下の「実力」
[15:05 7/31] エンタメ
『妖怪ウォッチ』最新版「ドリーム」発売、メダルでゲーム・筐体と連動
[15:00 7/31] ホビー