アップル、一部Macの802.11n機能を有効にするソフトを発売

 

アップルが「AirMac Extreme 802.11n Enabler for Mac」の販売を開始した。IEEE 802.11nネットワークに接続する基本機能を備えた一部のMacで、同機能を有効にするソフトウエアだ。価格は250円となっている。2月出荷予定の新製品「AirMac Extremeベースステーション」と「Apple TV」が802.11nのドラフト仕様をサポートしており、Mac側の対応が注目されていた。

802.11n Enablerソフトウエアで802.11n接続機能を有効にできるMacは以下の通り。

  • Intel Core 2 Duo搭載のMacBook Pro
  • Intel Core 2 Duo搭載のMacBook
  • AirMac Extreme(オプション)搭載のMac Pro
  • Intel Core 2 Duoプロセッサ搭載のiMac (1.83GHzの17インチiMacを除く)

なおAirMac Extremeベースステーションには802.11n Enablerソフトウエアが含まれており、同製品を購入する場合は別途802.11n Enablerソフトウエアを入手する必要はない。

人気記事

一覧

新着記事

TVアニメ『ダンガンロンパ3』、Blu-ray BOX&DVDのジャケットイメージ公開
[00:00 8/26] ホビー
Windows 10ミニTips 第111回 Microsoft Edgeの拡張機能を使う - LastPass編
[00:00 8/26] パソコン
渡辺カナ、男女3人の揺れる関係描く「ハンキー・ドリー」2巻でファイル贈呈
[23:54 8/25] ホビー
ナツメカズキが男娼と黒服描くBL「MODS」本日発売、特典も豊富
[23:28 8/25] ホビー
ハーレイ・クイン役のマーゴット・ロビー、初来日に喜び「ずっと来たかった」
[23:27 8/25] エンタメ