ビックカメラ有楽町店本館にて、Windows Vistaの深夜販売が開始

 

1月30日0時を迎え、ついにマイクロソフトの新OS「Windows Vista」が一般ユーザー向けに販売開始となった。大手量販店「ビックカメラ有楽町店本館」では23時よりカウントダウンプレイベントとして、女性お笑いタレントの「くわばたおはら」の2人が登場し、ミニコントで会場の笑いをとりつつも、しっかりとWindows Vista、2007 Office Systemをアピールしていた。

カウントダウンプレイベントを大いにわかせた、お笑いタレント「くわばたおはら」のお二人

23時30分からのカウントダウンイベントでは、ビックカメラ代表取締役社長の宮嶋宏幸氏による挨拶の言葉に続き、マイクロソフト代表執行役社長のダレン・ヒューストン氏、執行役常務ビジネス&マーケティング担当の佐分利ユージン氏が登壇した。

左から、ビックカメラ代表取締役社長 宮嶋宏幸氏マイクロソフト代表執行役社長のダレン・ヒューストン氏、執行役常務ビジネス&マーケティング担当の佐分利ユージン氏

佐分利氏からは「Windows VistaはこれまでのOSの中で最もフィーチャーが多く、開発に関わった人数も多い、マイクロソフト史上最大のソフトウェアプロジェクトだ、マイクロソフトではWindows Vistaについて世界が変わるとしているが、世界を変えるのはマイクロソフトではなく、ユーザー一人一人で、世界を変える素材を提供できたことを誇りに思う」と語った。

続いて行われたトークショーではゲストとして、タレントの眞鍋かをりさんが登場し、イベントが始まる前からWindows Vista搭載のノートPCを取り置きしていることや、イベント終了後は、Windows Vista搭載の新PCで自身のブログを更新したいとなど抱負が語られた。

トークショーのゲストとして招かれた、タレントの眞鍋かをりさん。さっそくWindows Vista搭載のノートPCを取り置きしたそうだ

そして、会場全体でカウントダウンが始まり、午前0時とともに、ビッグカメラの宮嶋氏、マイクロソフトの佐分利氏、眞鍋さんの3人でくす玉が割られ、会場には拍手と歓声が響きわたり、Windows Vistaの販売が開始された。

カウントダウンが始まり、午前0時にくす玉が割られた会場には拍手と歓声がわき起こっていた。宮嶋氏、佐分利氏、眞鍋さんの後ろに並んでいるのは、カウントダウンイベントに駆けつけたマイクロソフトのパートナー企業の方々

店内には深夜にもかかわらず、Windows Vista、2007 Office System、特価品を買い求める来店客が詰めかけ、レジの前には精算を待つ列ができていた。

深夜0時にもかかわらず、店内はWindows Vista、2007 Office System、特価品を買い求める人が多数来店し、レジ前は列ができるほど混雑していた

人気記事

一覧

新着記事

そそられないポンコツ淫魔のちょいエロコメディ、ジャンプ+で
[20:41 7/26] ホビー
[映画興行成績]「ONE PIECE」最新作が初登場で首位 興収11.5億円の好スタート
[20:30 7/26] エンタメ
夫婦のLINE 第128回 甘っちょろい戯言は抜きだ
[20:30 7/26] ライフスタイル
タイガが逆壁ドンジャンプ!南十字明日菜が描く「キンプリ」出張版がザ花に
[20:07 7/26] ホビー
スマホからの「welq」利用者急増で631万人に - ニールセン
[20:03 7/26] 企業IT