Mac OS Xの月例セキュリティアップデータ公開 - MOABの初手柄?

米Appleは23日(米国時間)、Mac OS Xのセキュリティパッチの最新版「Security Update 2007-001」の配布を開始した。対象システムは、Mac OS X 10.4.8および10.3.9のクライアント版とサーバ版。10.4.8向けのユニバーサルバイナリ、10.3.9向けのPowerPCバイナリは、同社Webサイトのほかソフトウェアアップデート経由で配布される。

今回のアップデートは、対象システムにインストールされたQuickTime 7.1.3の脆弱性を修復することが目的。アップデータを適用すると、特定の文字列を含むURLの処理によりバッファオーバーフローが引き起こされる危険を回避できる。なお、この脆弱性は「the Month of Apple Bugs」でMOAB-01-01-2007として報告されていたもの。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事