Intel、ドラフト802.11n対応の「Next-Gen Wireless-N」を発表

 

米Intelは1月23日(現地時間)、次世代の無線LAN技術に対応する「Intel Next-Gen Wireless-N」ネットワークコネクションを発表した。Centrino Duoモバイルテクノロジを構成する無線LAN機能のアップグレードとなる。

Next-Gen Wireless-Nとして提供される無線LANモジュール「Wireless Wi-Fi Link 4965AGN」は、IEEE 802.11nのドラフト仕様をサポートする。MIMO(Multiple-Input Multiple-Output)と呼ばれる複数のアンテナを同時制御する技術が採用されており、802.11 a/gに比べて、5倍の通信速度と2倍の通信範囲が可能になる。同社によると、802.11nが目指す無線LAN環境を導入することで、デッドスポットがなく、HDビデオも安定してストリーミングできるホームネットワークを構築できる。4965AGNは、IEEE 802.11b、802.11g、802.11 a/b/g/、802.11 a/b/g/Draft-Nのアクセスポイント間でシームレスなローミングが可能。WPA/WPA2/802.1Xなどの認証技術、64-bitおよび128-bit WEP/AES-CCMP/TKIPなどの暗号化技術に対応する。またパワーモードの改善で省電力性が向上した。モジュールのサイズは50.95×30.00×3.30ミリで、重量が7.2グラムとなっている。

Kedronというコードネームで呼ばれていた無線LANモジュール「Wireless Wi-Fi Link 4965AGN」

「Connect with Centrino」プログラムで対応製品に提供されるロゴ

Intelは「Connect with Centrino」プログラムを通じて、ユーザーが一目でNext-Gen Wireless-N対応製品を見分けられるようにする。Asus、Belkin、Buffalo、D-Link、Netgearなどのアクセスポイント・メーカーが同プログラムに参加している。

次期Centrino Duoモバイルテクノロジとなる「Santa Rosa」(コードネーム)は、2007年前半に登場する予定だ。Next-Gen Wireless-Nのほか、CPUのMerom(同)、チップセットのCrestline(同)で構成される。

人気記事

一覧

新着記事

ASUS、Android Wearを搭載したスマートウオッチ「ASUS ZenWatch 3」を発表
[23:17 8/31] スマホとデジタル家電
Lian Li、電動昇降機能搭載のPCデスクに大型モデル
[23:05 8/31] パソコン
「働きマン」に「さくらん」も!安野モヨコの20年振り返る展覧会が明日から
[22:47 8/31] ホビー
JR西日本「ラ・マル しまなみ」岡山~尾道間観光列車、10・11月の5日間運行
[21:59 8/31] ホビー
「デジモン」新作アニメのコミカライズが、Vジャンと最強ジャンプで
[21:51 8/31] ホビー