Intel、ドラフト802.11n対応の「Next-Gen Wireless-N」を発表

 

米Intelは1月23日(現地時間)、次世代の無線LAN技術に対応する「Intel Next-Gen Wireless-N」ネットワークコネクションを発表した。Centrino Duoモバイルテクノロジを構成する無線LAN機能のアップグレードとなる。

Next-Gen Wireless-Nとして提供される無線LANモジュール「Wireless Wi-Fi Link 4965AGN」は、IEEE 802.11nのドラフト仕様をサポートする。MIMO(Multiple-Input Multiple-Output)と呼ばれる複数のアンテナを同時制御する技術が採用されており、802.11 a/gに比べて、5倍の通信速度と2倍の通信範囲が可能になる。同社によると、802.11nが目指す無線LAN環境を導入することで、デッドスポットがなく、HDビデオも安定してストリーミングできるホームネットワークを構築できる。4965AGNは、IEEE 802.11b、802.11g、802.11 a/b/g/、802.11 a/b/g/Draft-Nのアクセスポイント間でシームレスなローミングが可能。WPA/WPA2/802.1Xなどの認証技術、64-bitおよび128-bit WEP/AES-CCMP/TKIPなどの暗号化技術に対応する。またパワーモードの改善で省電力性が向上した。モジュールのサイズは50.95×30.00×3.30ミリで、重量が7.2グラムとなっている。

Kedronというコードネームで呼ばれていた無線LANモジュール「Wireless Wi-Fi Link 4965AGN」

「Connect with Centrino」プログラムで対応製品に提供されるロゴ

Intelは「Connect with Centrino」プログラムを通じて、ユーザーが一目でNext-Gen Wireless-N対応製品を見分けられるようにする。Asus、Belkin、Buffalo、D-Link、Netgearなどのアクセスポイント・メーカーが同プログラムに参加している。

次期Centrino Duoモバイルテクノロジとなる「Santa Rosa」(コードネーム)は、2007年前半に登場する予定だ。Next-Gen Wireless-Nのほか、CPUのMerom(同)、チップセットのCrestline(同)で構成される。

人気記事

一覧

新着記事

重さ23g、わずかな頭の動きでポインタが操作できる装着型マウス
[21:12 9/26] パソコン
「夜桜四重奏」着せ替えカバーがシリウスに、次号成田良悟原作の新連載が開幕
[20:46 9/26] ホビー
トヨタの次世代交通システム分析にオラクルのクラウド可視化サービス
[20:37 9/26] 企業IT
小林麻耶、"ゴールが見えない闘い"に苦悩も「今を大切に一歩一歩前に」
[20:35 9/26] エンタメ
バルミューダ、注ぎ心地にこだわった「小さくて美しい」電気ケトル
[20:18 9/26] スマホとデジタル家電