PS3、4年でゲーム市場を制すも、Xbox 360の先行ダッシュ響く - PS2に及ばず

 

アイルランドの調査会社Research and Marketsは、PlayStation 3(PS3) / Xbox 360 / Wiiの三つ巴で繰り広げられる、次世代ゲーム機市場争いの展開などを予測した最新レポート「The Transforming Global Video Games Market: The Emergence of Next Generation Gaming」の発表を行った。

同レポートによれば、ハイスペックで高性能なゲーム機としての魅力を前面に出すPS3やXbox 360、これまでになかったゲームプレイの楽しみや面白さをアピールするWiiと、アプローチの違いは見られるものの、いずれも今後のゲーム市場を牽引する好調な売行きを見せると予測。最大の次世代ゲーム機市場は米国が占めることになり、ゲームユーザーの平均年齢は33歳で、ブロードバンドの普及が世界的なゲーム市場の拡大を促す大きな要素になっていくという。

三つ巴の市場争いとなってはいるものの、2010年までに、世界で最も多くの販売台数を記録するのはPS3。全世界で7,500万台が売り上げられると見られている。しかしながら、過去にPlayStation 2(PS2)、Xbox、GAMECUBEで市場争いが行われた時には、最終的にPS2が圧倒的なシェアを獲得したとされているものの、PS3の市場シェアは、それに及ぶことはないと考えられているようだ。欧州、中東、アフリカ、オセアニアなどのPAL地域で発売が遅れることが響くほか、PS3およびWiiに先駆けて、1年早く発売されたXbox 360のリードが大きく、PS3の苦戦が予測されている。

なお、今後の携帯ゲーム機の市場においては、ニンテンドーDSなどがヒットを続ける任天堂の優位に、しばらく変化はないとされる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

アスクルとマネーフォワード、経費精算サービス提供開始
[17:26 7/26] マネー
スマホ保有者が初の50%超え - 総務省調査
[17:24 7/26] マネー
VAIOは独りで生きていく - 黒字化した3年目は新事業へ投資
[17:24 7/26] パソコン
機械遺産に新たに「国内初の地熱発電所」「スバル360」など7件を指定
[17:22 7/26] テクノロジー
小栗旬・藤原竜也・真木よう子らが『龍が如く』最新作に出演決定、桐生一馬伝説は最終章に
[17:15 7/26] ホビー

本音ランキング