オンキヨー、フロントサラウンドホームシアターシステムなど発表

 

フロントの2.1chのみで5.1chの臨場感を実現するフロントサラウンドシステム「HTX-11」

オンキヨーは、シアターシステム「HTX-11」と、アンプ内蔵サブウーファー「DHT-9」を発表した。発売はHTX-11が2月24日、DHT-9が3月6日を予定している。価格は、HTX-11が4万2000円、DHT-9が3万5700円。

HTX-11は、「シアターディメンショナル」の搭載により、アンプ内蔵サブウーファーと2本のフロントスピーカーのみで5.1chの臨場感を実現するシステム。ドルビーデジタル/dts/AAC/プロロジックIIのデコーダーが搭載されており、DVDプレーヤーやデジタルテレビと接続するだけで、サラウンドシステムを構築できる。

サブウーファーはバスレフ式で、16cm径のOMFコーンスピーカーを採用。バスレフダクトは、ノイズや歪みの発生を抑える「AERO ACOUSTIC DRIVE」と呼ばれるスリットタイプ。サブウーファーに内蔵されたアンプ部分には、同社のAVアンプにも採用されている「VLSC」が採用されており、パルス性のデジタルノイズの発生が抑えられている。実用最大出力は17W×5+サブウーファーの35W。入出力は、光デジタル入力3系統とアナログ入力2系統。さらに、プリアウト端子が装備される。

HTX-11をリアル5.1chシステムに発展させるオプションのスピーカー

「AV GATE」用のアンプ内蔵サブウーファー「DHT-9」。従来モデルのDHT-SW1に比べて、出力がアップし、アナログ入力が1系統増やされている

フロントスピーカーは、8cm径のA-OMFコーンウーファーと、2cm径バランスドームトゥイーターを採用した密閉型。

HTX-11は、リアル5.1chシステムに発展させることも可能で、そのためのオプションのセンタースピーカー「D-11C」、サラウンドスピーカー「D-11M」も同時発表されている。発売日は本体と同じ2月24日で、メーカー希望小売価格はともに8400円。

DHT-9は、同社のスピーカー内蔵テレビラック「AV GATE」シリーズに使用する5.1chアンプ内蔵のサブウーファー。HTX-11のアンプ内蔵サブウーファー部分とほぼ同じ構成で、シアターディメンショナルやVLSCが採用されている。実用最大出力も17W×5+サブウーファーの35W。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

SCSK、Azure上でのIoTデータ分析環境構築サービス
[12:38 8/29] 企業IT
Windows 10で始めるBash 第9回 散らかったデスクトップを片付ける
[12:36 8/29] 企業IT
OpenSSL 1.1.0登場
[12:35 8/29] 企業IT
セキュリティフライデーとインターコム、法人向けセキュリティ分野で協業へ
[12:23 8/29] 企業IT
ゴーストキティも登場! サンリオピューロランドのハロウィーンはここに注目
[12:22 8/29] 趣味