ビクター、コンポと連動するデジタルオーディオプレーヤー発表

日本ビクターは、フラッシュメモリータイプのデジタルオーディオプレーヤー「アルネオC」シリーズの新モデル「XA-C210」(2GBモデル)「XA-C110」(1GBモデル)「XA-C51」(512MBモデル)を発表した。発売は2月上旬で、オープンプライス。推定市場価格はXA-C210が3万円前後、XA-C110が2万5000円前後、XA-C51が2万円前後。

非常に高機能なモデルとなった、新「アルネオCシリーズ」。ブラック/シルバー/ホワイトの3色がラインナップされる

新しいアルネオCシリーズは、USBデジタルメディアストリーミングに対応したモデル。定額音楽配信サービスなどから入手した、DRMによる著作権保護が掛けられた音楽ファイルを、デジタル接続したステレオなどで再生させることが可能になる。対応している機器は、同時発表された「UX-8DM」と、既発売モデルの「RD-M2」「UX-QM7」。なお、新CシリーズはDRM10に対応しているが、MTPデバイス/USBマスストレージクラスデバイスのどちらとしても認識可能。

音楽再生の面でも、新Cシリーズでは、圧縮音楽を自然に再生するための高音質化技術「K2テクノロジー」の搭載、さらにライブ音源などのトラック間ギャップをなくす「ギャップレス再生」が採用されている。

また、プレーヤーとしてだけではなく、ICレコーダーとしての機能も充実しており、ステレオマイクの内蔵、音声/音楽録音モードの切り替え、モードごとの録音レベル調整、専用の録音ボタンの装備、ウインドカットフィルター、無音時に自動停止するVACの採用、再生スピードコントロール、A-B間リピートなど、専用のICレコーダー機に近い機能が搭載されている。さらに、音楽録音モードを選択すれば、無圧縮のPCM録音も可能。ライン入力からの録音も可能なため、簡易型のステレオレコーダーとしても使用できる。

電源は内蔵のリチウムイオンバッテリーで、充電時間は約3時間(USB/オプションのACアダプター使用時とも)。連続再生時間は、128kbpsのMP3ファイルの場合、約19.5時間。FMラジオの場合、15.5時間。連続録音時間は、FMの場合約11時間、マイクの場合約12時間、ライン録音の場合、約15時間となっている。

主な仕様
FMチューナー
マイク録音
ライン録音
サイズ 44(W)×86(H)×11.7(D)mm
質量 49g

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事