ASUSTeK、Intel P965搭載ハイエンドマザーボード「COMMANDO」を出荷

 

ASUSTeK Computerは、Intel P965+ICH8Rチップセットを搭載したハイエンド向けマザーボード「COMMANDO」を発表、出荷を開始した。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は31,000円前後。

ゲーマーやオーバークロッカー向けの「COMMANDO」

COMMANDOは、同社がゲーマーやオーバークロッカー向けにラインアップする「R.O.G.」シリーズに属する製品。CPUに安定した電源供給を行う8フェーズ電源回路や起動プロセスを表示する液晶ディスプレイ「LCD Poster」、マザーボード上に用意された電源・リセット・CMOSクリアスイッチ、専用カードによるクリアな8chオーディオ機能「SupremeFX」などが特徴。同社計測のオーバークロックテストでは、COMMANDOにCore 2 Extreme X6800(2.93GHz)を組み合わせてFSB 2296.5MHz、メモリクロック1300MHzを記録したとされる。

同社が示したオーバークロックテストの結果

ソケット形状はLGA 775で、対応FSBは1066 / 800 / 533MHz。対応CPUはCore 2 Extreme、Core 2 Duo、Pentium Processor Extreme Edition、Pentium D / 4、Celern D等。マザーボード形状はATXで、拡張スロットは、PCI Express x16×2(うち1つはx4レーン)、PCI×4。2枚のグラフィックスカードを用いるATI CrossFireにも対応している。メモリスロットは4本で、PC2-6400 / 5300 / 4300に対応。ストレージインタフェースは、SATA×6、PATA×1系統で、ICH8RによるRAID 0 / 1 / 5 / 10に対応している。主なインタフェースは、USB 2.0、IEEE1394a、2系統のGbEなど。

拡張カード形式のサウンドカード「SupremeFX」(中央部)

製品にはFuturemarkのベンチマークソフト「3DMark06 Advanced Edition」や、Kaspersky Labのウィルス対策ソフト「Kaspersky Anti-Virus製品版」、ゲームソフト「Tom Clancy's Ghost Recon Advanced Warfighter製品版」が付属する。

人気記事

一覧

新着記事

古舘伊知郎、報ステ裏で月1ラジオレギュラー - 曲なし宣言「逆JASRACだぁ!!」
[05:00 9/25] エンタメ
TVアニメ『政宗くんのリベンジ』、来年1月放送! 第ニ弾キービジュアル公開
[23:26 9/24] ホビー
TVアニメ『ハイスクール・フリート』、後日談を描く新作OVAを来年発売
[23:05 9/24] ホビー
モフモフ人外×男子高校生「人外さんの嫁」1巻、しおりや缶バッジ特典
[22:37 9/24] ホビー
DAIGO、ハリポタ新章『ファンタビ』をDAI語で応援「FBY」- 特別映像公開
[22:00 9/24] エンタメ