2006年にデジタル音楽販売が倍増、それでも音楽市場は縮小傾向

 

音楽業界団体のIFPI(International Federation of the Phonographic Industry)が1月17日(米国時間)に発表したデータによれば、インターネット経由のダウンロード販売を含む2006年の音楽のデジタル販売額が20億ドルに達し、前年比で約2倍の成長となった。デジタル販売の割合は音楽市場全体の10%におよぶ。現在もなお拡大基調を見せており、2010年までに市場全体の4分の1の規模にまで拡大し、業界の大きな一角を担う存在になるとIFPIは予測している。しかしながら、CD販売の減少を埋め合わせするだけの規模には至っていないのが現状で、市場全体では縮小傾向にある。

今回デジタル販売のカテゴリの対象となったのは、オンラインまたは携帯電話を介して提供された楽曲だ。2006年に同カテゴリの規模は金額ベースで20億ドルとなり、曲数ベースでは前年比89%の増加の7億9500万曲だった。現在、40以上の国で500以上のオンラインサービス事業者が400万種類の楽曲を提供しており、事業者数も前年比で倍増している。傾向としては、携帯型プレーヤーの存在がデジタル販売に大きく貢献しており、特に日本ではデジタル販売の実に90%ほどが携帯電話経由での楽曲の購入によるものだという。2007年にはこの状況がさらに進み、NokiaやSony Ericssonによる音楽プレーヤー機能付き携帯電話の開発が市場をけん引することになる。さらに今年半ばには、長らく登場が待たれたAppleのiPhoneが登場し、さらに市場を盛り上げることになるだろう。

順風満帆に見えるデジタル販売だが、一方でデジタル流通における海賊行為と、コンテンツの価格低下が新興市場全体のダメージになるという懸念材料もある。IFPIによれば、ユーザーの多くは正規のルートを通って有料コンテンツを購入しており、P2Pによるファイル共有や違法なダウンロードサイトを通じて楽曲を入手している割合は全体の14%と低い水準にとどまっている。だが調査報告では引き続き海賊行為に対する取り締まりの強化を提案しており、訴訟の対象を個人ユーザーではなく、インターネットの"門番"であるISPなどのプロバイダ事業者にすることで、より効果的に対策が行えると述べている。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『ガンダム THE ORIGIN』MSD水中型ガンダムがHG化、各武器にギミック搭載
[21:00 7/25] ホビー
アイマス・デレマス・ミリマスの3アイドルが集結! 10周年メモリアルフィギュアに
[20:30 7/25] ホビー
Aerocool、ファンコントロール機能搭載のミドルタワーケース「DS 230」
[20:19 7/25] パソコン
仮面ライダーアマゾンアルファがRAHに登場、ワンフェスで圧倒的な存在感放つ
[20:00 7/25] ホビー
オンキヨー&パイオニアのAVレシーバーにDTS:X対応ファームウェアを提供
[19:55 7/25] スマホとデジタル家電

求人情報