「機動戦士ガンダム/第08MS小隊」DVD-BOX発売記念オールナイトイベント開催

バンダイビジュアルは16日、『機動戦士ガンダム/第08MS小隊5.1chDVD-BOX』の発売を記念した、 オールナイト上映イベントの開催を発表した。2月24日の深夜24時から、テアトル新宿にて開催予定。

イベントの内容は第1話~第11話を5.1chで上映するほか、飯田馬之介監督と5.1ch版監督として参加した今西隆志監督のステージトークや、プレゼント抽選会が予定されており、終演は翌朝5時50分ごろを見込んでいる。入場料金は2,500円。当日券なしの前売り券のみとなっており、2月10日よりチケットぴあにて発売開始。なおオールナイト興行のため、18歳未満の場合は入場不可となっている。詳しくは劇場もしくは作品の公式サイトを確認していただきたい。

1996年からOVAシリーズとしてリリースされた「機動戦士ガンダム/第08MS小隊」は、ファーストガンダムと呼ばれる初代「機動戦士ガンダム」と同じ一年戦争を舞台としている外伝的作品。ミリタリー色を濃厚に打ち出したこだわりのメカ描写や、往年のMSがリファインされて登場するといった点で初代「ガンダム」のファンから大きな支持を得ている。物語の面では主人公とヒロインが敵味方に分かれて戦う、ロミオとジュリエット的な要素が組み込まれており、ガンダムシリーズのなかでも比較的親しみやすいのが特徴。11話+エピローグスペシャル1話という適度な短さと相まって、初心者から古参のファンまで幅広く楽しめるガンダム作品となっている。

2000年に全4巻で発売されたDVDでは、音声がドルビーサラウンドだったが、今回のBOX化にあたっては新規完全5.1ch化がなされており、さらに映像面でもHDリマスター版でのリリースとなっている。このDVD-BOXの発売はオールナイトイベントの前日となる2月23日で、価格は25,200円。DVD-BOXの特典としては、監督インタビューなどを収録したブックレット、イラスト集、映像特典、メインキャストによるオーディオコメンタリーが盛り込まれる予定で、BOXやインナージャケットにはメカニカルデザインを担当したカトキハジメ氏や、キャラクターデザインを担当した川元利浩氏の描き下ろしイラストなどが使用される。

すでにDVD-BOXを予約した人も、そうでない人も大画面での第1話~第11話一挙上映という貴重な機会に足を運んでみてはいかがだろうか。

2月23日発売の「機動戦士ガンダム/第08MS小隊5.1chDVD-BOX」。初回限定生産で価格は25,200円。先日DVD-BOXで発売された「機動戦士ガンダム」とあわせて見ると、同じ一年戦争を舞台としていることもあり、より楽しめるようになっている
©創通エージェンシー・サンライズ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事