MATLABライクな数値解析ソフト「FreeMAT 3.0」がリリース

Samit Basu氏率いるFreeMAT開発プロジェクトは14日、MATLABライクな数値解析ソフト「FreeMAT 3.0」をリリースした。ライセンスにはGNU GPL 2を適用、オープンソースソフトウェアとして配布される。同プロジェクトのWebサイトでは、WindowsとMac OS X、Linux(Fedora Core 6)の3種に対応したバイナリパッケージが公開中。

今回のリリースでは、64ビット整数への対応や、ループ処理速度が10~100倍向上するなど計算機能が改善。MATファイルのサポートやウィンドウの外観など、プロジェクトの目標であるMATLABとの互換性も向上した。Mac OS X版ではユニバーサルバイナリに対応、Intel Macでもネイティブの速度で動作する。

FreeMATは、行列/ベクトル計算や作図機能などを持つ数値解析ソフト。各種関数や2D/3Dプロット機能など、科学/工学分野で広く普及しているMathworksの「MATLAB」と高い互換性を持つが、GUI作成機能が未実装など非互換の部分も残る。MATLABとの互換性を持つオープンソースソフトウェアとしては、OctaveScilabが存在するが、Aquaネイティブの描画やIntel Mac対応など、Mac OS Xのサポートに関して独自の方向性を打ち出している。

よりMATLABに近づいた? 「FreeMAT 3.0」(画面はWindows版)



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事