iTVはApple TVに - iPodの次はTVとMacをつなぐデバイス

 

iTVのコードネームで知られたApple Computerのホームデジタルデバイス、米国で8日(現地時間)に始まったMacworld Conference & Expoにていよいよその姿を現した。

正式名称はApple TV。価格は299ドル、米国では同日予約を受け付け開始、2月に出荷予定だ。MacとPCに対応、iTunes 7.1が必要となる。

ビデオから音楽、写真--これまでiTunesで管理していたコンテンツを、iTunesのような方法でブラウズ、再生し、PCのディスプレイモニタではなく、リビングのTVに映し出すものとなる。iTunesで実現されているCoverFlowなどのエフェクトも楽しむことが可能だ。もちろん、iTunes Storeで購入したDRMコンテンツも再生できる。

インタフェースは9月のWWDCでプレビューされたときと変更なく、USB 2.0/Ethernet/Wi-Fi(IEEE 802.11b/g/n※)/HDMI/アナログコンポーネントビデオ/アナログオーディオ/光出力。電源アダプタは本体に内蔵される。コンテンツをPCと同期・転送、TVやステレオセットを通して楽しむことができるものとなる。

※: IEEE 802.11nに関してはドラフト仕様に対応、同社ではIEEE 802.11nドラフト対応のWi-Fiベースステーションも発表している

内部には40GBのHDDを装備、最大5台のPCからコンテンツを転送し、蓄えておくことができる。転送するコンテンツは、ちょうどiTunesで行われているように、「まだ見ていない最新5つのTVショウ」といった条件で指定できる。

上記のような機能的特徴のほかに、Intelプロセッサを搭載、Mac OS Xが実行されているという内部的特徴も備える。通常のMacに、"Front Row"をベースとしたインタフェースを載せ、インタフェースを強化するなどデジタルホーム向けに最適化したものがApple TVといえるだろう。

2001年、同社は最初のiPodをリリースし、iTunesでMacと携帯音楽再生デバイスを繋いだ。2007年、Apple TVによりリビングのTVとステレオセットがMacにつながることになる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

米Uber、FintechスタートアップBettermentと提携、ドライバーの年金計画で
[08:05 8/25] 企業IT
Win10スマホ「MADOSMA Q601」はビジネスシーンで使えるか
[08:00 8/25] 企業IT
TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』、石田燿子が歌うOP曲のタイトルが決定
[08:00 8/25] ホビー
Apple IDを完全に削除できますか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 8/25] スマホとデジタル家電
NVIDIA、自動運転車向けSoC「Parker」を正式に発表
[08:00 8/25] テクノロジー