インテルMacで動作する『Office 2008 for Mac』発売計画を発表

 

マイクロソフトのマッキントッシュ事業部は、米国時間1月9日「Macworld Conference & Expo 2007」において「Microsoft Office 2008 for Mac(以下、Office 2008)」を2007年後半に発売する計画を発表した。PowerPCおよびIntelプロセッサ搭載Mac対応の、初のユニバーサルバイナリバージョンとなる。

マイクロソフトでは、各種アプリケーションに搭載する機能強化を決定するにあたり、幅広い顧客調査を実施したという。同事業部のゼネラルマネージャであるロズ ホー(Roz Ho)氏は、「『Office 2008』は、当社がこれまでに開発してきた製品の中で最も包括的なMac対応の生産性スイートとなります。今年後半に『Office 2008』を発売することにより、マックユーザーの皆様に大きな可能性を届けることができ、今から非常に楽しみしています」と語っている。

Office 2008では、Windows版の最新バージョン「2007 Microsoft Office system(以下、Office 2007)」と同じ最新のグラフィックエンジンが搭載されるほか、UIの面でも使いやすさを重視した新しい機能が採用されるという。また、Office 2004でも開発コンセプトとして掲げられていた「マックファースト・マックオンリー」の各種新機能も提供される。発表では下記の内容が挙げられている。

  • Publishing Layout View:DTP用のレイアウトツール。ちらし、パンフレット等のレイアウト作業を簡易に行える
  • Ledger Sheets:家庭や小規模ビジネスのユーザー向けに、Excelを使って一般的な財務管理を行うことができる機能
  • My Day:Entourageと連携して、タスクやスケジュールの管理を行う。スタンドアロンで動作する小さなツール

Officeシリーズ長年の課題であるMacとWindowsのファイル互換性に対する取り組みとして、Office 2007と同様に「Office Open XML Formats」を使用することを明らかにしている。旧バージョンで作成したファイルについては、「Office 2004 for Mac」を対象としたフォーマットコンバータを出荷することで対応する予定とのことだ。

同製品の日本語版発売の予定は現在のところ発表されていない。なお現バージョンは、2004年6月に英語版から約1カ月遅れてリリースされている。

人気記事

一覧

新着記事