検索エンジンに潜む危険! アダルト用語でサーチ / 無料の文句に甘い罠も

湯木進悟  [2006/12/12]

米McAfeeは、検索エンジンの表示結果に潜むセキュリティ上の危険度などを調査した、最新レポートの発表を行った。半年前の調査時よりも安全性は向上しているものの、依然として利用ユーザーの注意を喚起するデータが明らかにされた。

同調査は、同社が提供するプラグインソフト「McAfee SiteAdvisor」を用いて実施。McAfee SiteAdvisorをブラウザにインストールして、検索エンジンでサーチを実行すると、検索結果の表示ページには、リンク先ページのレーティングが赤黄青の3段階で示されるという。移動先のサイトに、スパイウェアや迷惑メール(スパム)の配信、PCの設定を勝手に変更するなどの危険がある場合には赤色の警告メッセージが、やや危険度は弱まるものの、複数ポップアップ広告の表示や、PCの設定変更をユーザーに促すなどの危険がある場合には黄色の警告メッセージが表示されるようだ。

同社は先月中、McAfee SiteAdvisorを活用して、米5大検索エンジンとなるGoogle / Yahoo! / MSN / AOL / Ask.com上で、約2,500の人気キーワードに関し、上位5ページ分の検索結果の危険度を分析。調査結果によれば、平均して全検索結果の4.4%に上るリンク先が、赤色もしくは黄色の警告表示に該当した。今年5月に行われた同様の調査では、全検索結果の5.0%のリンク先が危険と分析されており、半年間で状況は改善したとされるものの、検索ユーザーが何らかの危険の潜むサイトへとジャンプしてしまう回数は、1カ月に2億6,800万回を超えることになるとされる。

興味深いのは、特に危険度が上がる検索結果についての指摘がなされている点。例えば、検索結果に連動して表示されるスポンサー広告のリンク先に限ると、実に約12個に1個の割合となる、8.0%のリンク先が危険と分類されたようだ。また、アダルト関連の用語を入力して検索を実行すると、危険度の高いリンク先の表示が倍増するほか、検索語に無料を意味する「free」を含めて検索した場合は、14.5%の検索結果に対して危険表示がなされたという。さらに、人気が高い「Paris Hilton」「Usher」といった有名人や「iPod nano」「WinMX」「MP3 music downloads」といった製品サービスの検索を狙って、危険度の高いサイトが集中表示される傾向も観察されているようだ。

McAfee SiteAdvisorの戦略部長を務めるChris Dixon氏は「検索エンジンがインターネット利用に果たす役割は、常に大きいものの、安全ではない検索結果をクリックしてしまう危険は現実に存在している。それゆえに、McAfee SiteAdvisorをはじめとする各種ツールを活用して、各ユーザーが対策を講じていかなければならない」とコメントした。



IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【特別企画】[講演レポート提供]Fintechが銀行の未来を変える!? - 注目すべき国内動向と欧米の先進事例
[17:00 5/24] 企業IT
子どもにはいつからスマホを持たせますか? - 100人のママに聞いてみた
[17:00 5/24] ライフスタイル
TVアニメ『SUPER LOVERS』、第8話のあらすじ&先行場面カットを紹介
[17:00 5/24] ホビー
『ウルトラマン』放送開始50年イベントゲスト発表、関智一&潘めぐみウルトラ愛語る
[16:59 5/24] ホビー
Y!mobile、ぬれた手や手袋をつけたままでも操作できるスマホ「DIGNO E」
[16:54 5/24] 携帯

特別企画 PR

求人情報