シャープ、32V型でフルスペックハイビジョンAQUOSを業界で初めて投入

シャープは12日、32V型のフルHD液晶テレビ「LC-32GS10」「LC-32GS20」を発表した。LC-32GS10は、アンダースピーカーモデルで、LC-32GS20は、サイドスピーカーモデル。発売は22日を予定しており、価格はオープンプライス。市場想定価格は28万円前後。

業界初の32V型フルスペックハイビジョン液晶テレビ「LC-32GS10」

AQUOSシリーズならではのサイドスピーカーモデル「LC-32GS20」もラインナップされる

LC-32GS10/20は、業界初となる、32V型のフルスペックハイビジョンモデル。新開発のブラックASV液晶パネルを採用しており、同社のフルスペックハイビジョンテレビ「GX」シリーズと同様に、暗室コントラストは2000:1、明室コントラストは900:1となっている。また、MPD(マルチ画素)技術や、4波長バックライトなども採用されており、大画面モデルに引けを取らない映像表示能力を実現している。

入力端子は、1080p入力に対応したHDMI×2に、DVI-I×1、D4×2、S×2、コンポジット×4。さらに、i.Link(TS)×2、Ethernet端子、デジタル音声出力端子なども装備されており、システムとしての発展性も確保されている。

現在、デジタル放送を見るというだけでなく、次世代のゲーム機や、デジタルかメラの写真を見るといった、より高解像度が必要とされる用途が増えてきているが、従来、同社をはじめとする国内のテレビメーカーでは、フルスペックハイビジョンテレビは37V型からで、それよりも小さいサイズは市場的に難しいとしてきた。ところが、同社によると、このところ、ハイビジョンモデルとフルスペックハイビジョンモデルが混在する37V型で、フルスペックハイビジョンモデルの比率が高まってきている傾向があるとのことだ。テレビは5~10年は使用する耐久消費財なので、「少しの価格差ならばより高性能なモデルを」というユーザー心理が働いているらしい。

そこで同社は、業界全体を牽引する意味もあり、今回の32V型フルスペックハイビジョンテレビの投入に踏み切ったとのことだ。高画質なモデルが欲しいが、設置スペースは限られているという人には、「待ってました」というモデルではないだろうか。

型名 LC-32GS10 LC-32GS10
画素数 1920×1080 1920×1080
画面輝度 450cd/m2 450cd/m2
視野角 上下左右176° 上下左右176°
スピーカー 6.5cm径×4+2.0cm径×2 6.5cm径×4+2.0cm径×2
音声実用最大出力 10W×2 10W×2
消費電力 166W 166W
待機電力 0.08W 0.08W
年間消費電力 155kWh/年 155kWh/年
サイズ(スタンド装着時) 815(W)×663(H)×304(D)mm 991(W)×589(H)×304(D)mm
質量 約22.5kg 約23.0kg

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事