ソニーとサンディスク、新規格「メモリースティック PRO-HG」を共同開発

 

ソニーとサンディスクは11日、メモリースティック PROフォーマットを拡張したIC記録メディアの新規格「メモリースティック PRO-HG」を共同開発したと発表した。大容量データのリアルタイム記録、高速転送の実現に適したフォーマットとされる。対応機器向けライセンスの開始は2007年1月より。同フォーマットに準拠した「メモリースティック PRO-HG デュオ」メディアの出荷は2007年を予定。

メモリースティック PRO-HG

インタフェースをメモリースティック PROの4bitパラレルから8bitパラレルへ拡張し、あわせてクロック周波数を40MHzから60MHzへと高速化。これらにより、インタフェースの最高転送速度は、メモリースティック PRO比で3倍という480Mbps(60MB/s ※理論値)を実現したという。なお、メディアの最低書き込み速度は8bitパラレルインタフェース転送時で120Mbps(15MB/s)を保証。メディアのサイズはデュオと同様の31×20×1.6mmで、規格上の最高容量は32GB。著作権保護技術のマジックゲートに対応する。

拡張フォーマットであるため、メモリースティック PRO-HG対応機器であればメモリースティック PRO-HGメディアとメモリースティック PROメディアの両メディアを利用できる。また、メモリースティック PRO-HGメディアは、既存のメモリースティック PRO対応機器でも利用可能だが、その場合はメモリースティック PROメディアとして動作する。なお、4bitパラレルインタフェース転送時の最低書き込み速度は40Mbps。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事