ケンウッド、HDDタイプで世界最少のデジタルオーディオプレーヤー発表

 

ケンウッドはデジタルオーディオプレーヤー「Media Keg」シリーズの新モデル「HD10GB7」を発表した。発売は12月上旬で、オープンプライス。推定市場価格は4万円前後。

フラッシュメモリータイプと変わらないコンパクトなサイズに、10GBのHDDを搭載した「HD10GB7」。もちろんMedia Kegシリーズならではの高音質設計。写真のホワイトモデルのほかにブラックモデルもラインナップされる

HD10GB7は、44(W)×62(H)×17(D)mmという、HDDタイプとしては世界最小のデジタルオーディオプレーヤー。搭載しているHDDは1インチタイプで、容量は10GB。フラッシュメモリータイプのプレーヤーとほぼ同じサイズだが、128kbpsのMP3ファイルで約167時間、2500曲程度の音楽を持ち歩くことが可能となっている。

同社のデジタルオーディオプレーヤー「Media Keg」は、高音質に特化したデジタルオーディオプレーヤーとして定評があるシリーズ。HD10GB7はコンパクトモデルであるが、既存モデルと同様に、32fsオーバーサンプリングΔΣ変換デジタルアンプや高域補正技術Supremeなどが搭載されている。

シャーシは2重構造を採用。内側のシャーシは非磁性ステンレスによる「アドバンスドグランドシャーシ」。アドバンスドグランドシャーシは左右対称の構造を採り、その中央にHDDが搭載される。HDDのマウントには特殊ゲルを採用。また、ステンレスは従来モデルよりも30%厚い素材が使用されているなど、防振/制振性能の向上が図られている。外側のシャーシは剛性の高い亜鉛ダイキャストフレームを採用。

再生可能なフォーマットは、32kbps~320kbpsのMP3(CBR/VBR)、32kbps~320kbpsのWMA(CBR時。VBR時は355kbpsまで)、WAVとなっている。電源は内蔵のリチウムイオンバッテリーで、充電時間は約3時間。連続再生時間はMP3で約24時間、WMAで約20時間となっている。

USBマスストレージクラスに対応しており、音楽ファイルの転送に特殊なツールなどは必要としない。また、Windows Media DRM10に対応しており、定額音楽配信サービス「Napster To Go」も利用可能だ。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

残業30時間以下で株価上昇している企業ランキング、1位は?
[13:33 7/26] マネー
【連載特別企画】DMM.comのビジネス向けロボット「Palmi」が実現するワークスタイルの未来とは? 第3回 ロボットはスマホのような当たり前の存在に? PwCコンサルティングの取り組みとは
[13:30 7/26] テクノロジー
夫婦のLINE 第125回 アカウント1つのみって非常に困る
[13:30 7/26] ライフスタイル
[ハロー!プロジェクト]名古屋で初の定期公演スタートへ シネコン舞台に独自演出 「ボイメン」と日替わりで
[13:17 7/26] エンタメ
JAXA、無人補給機「こうのとり」6号機の打ち上げを10月1日に決定
[13:02 7/26] テクノロジー