Winnyによる被害額は約100億円規模 - ACCS・JASRACの実態調査

 

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)と日本音楽著作権協会(JASRAC)は、ファイル共有ソフト「Winny」のネットワーク上で流通しているファイルに関する実態調査の結果を公表。権利者に無許諾で送信可能な状態に置かれているファイルの被害相当額が、音楽ファイル4.4億円、コンピュータソフトなどが95億円の、あわせて約100億円規模と推定されることを明らかにした。

同調査は10月10日の18時から24時までの6時間に渡って行われた。ACCSとJASRACによると、この間、21万ユーザーのコンピュータなど(=21万ノード)でWinnyが利用されていた。被害の内訳は、音楽ファイルが約61万ファイル、ビジネスソフトが約61万タイトル、ゲームソフトが約117万タイトル、アニメが約18万タイトル、コミックが約159万タイトル流通していたという。

音楽ファイルの被害額の換算は、ファイル1つあたりのJASRAC管理楽曲を7曲とすれば、月額使用料換算で約4.4億円相当となる。1ファイルを7曲とする換算は、Winnyネットワークの音楽ファイルがアルバムやシングルなど多様な形態で流通していることを考慮してのもの。JASRACでは、アルバムに相当するタイトルを12曲に換算。シングルについては、複数の楽曲を収録したマキシシングルもあるが、1曲に換算する。これに、確認できたファイル数をかけ、さらに空ファイルやJASRACの非管理楽曲を考慮したダミー率という控除係数をかけ合わせ、被害額を算出した。

ビジネスソフトでは、平均価格換算で約19.5億円相当、ゲームソフトが同約51.3億円相当、アニメが同約17.2億円相当、コミックが同約7.0億円相当。

今回得られた調査結果をもとに、ACCSとJASRACは、ISPの業界団体Telecom-ISAC Japanと協力し、電子メールやWebサイトを通じて、Winnyユーザーに対する注意喚起を行うことを決定している。両者は本調査を通じて得たIPアドレスのリストをTelecom-ISAC Japanに提供し、Telecom-ISAC JapanがWinnyユーザー宛に電子メールで注意喚起活動を行う。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

アカマイ、Web画像の最適化&高速配信を自動化する「Image Manager」発表
[14:13 9/28] 企業IT
『ジョジョ』実写映画が2017年夏公開決定、原作・荒木飛呂彦氏「誠に光栄」
[14:07 9/28] ホビー
パナソニックの頑丈ノートPC「TOUGHBOOK」が20周年
[14:02 9/28] パソコン
坂上忍、紀香は"梨園の妻"として「うまくいくと思う」- 三田寛子は"お手本"
[14:01 9/28] エンタメ
OPPO、最新世代DAC採用でアンプも向上したポタアン「HA-2SE」
[14:00 9/28] スマホとデジタル家電

求人情報