PS3対応Linux「YellowDog Linux v5.0」リリース

Terra Softは27日(米国時間)、プレイステーション3で動作するLinuxディストリビューション「YellowDog Linux v5.0」(以下、YDL5 for PS3)をリリースした。YellowDog Linux登録ユーザ専用のサポートサイト「YDL.net」経由でダウンロード提供されるほか、12月11日以降は同社オンラインストアでDVD-ROMパッケージの出荷が開始される。

YDL5 for PS3は、PowerPCベースのプラットフォームを対象としたYellowDog Linux v5.0のPS3専用バージョン。Fedora Core 5をベースシステムとして採用するが、Enlightmentを拡張した次世代デスクトップ環境「E17」や、Cellプロセッサ用開発キット「Cell SDK 1.1」などが追加されている。

インストールにはPS3本体のほか、USBキーボード/マウスとメモリカードが必要。ブートローダには、ソニー・コンピュータエンタテインメントが無償配布するシステムソフトウェアインストーラを使用するため、ファイルをメモリカードにコピーするためのコンピュータも必要となる。

YDL5 for PS3の配布形態は、YDL.netからのダウンロードとDVD-ROMパッケージ、およびパブリックミラー経由での無償配布の3種類。前者の場合、有償のYDL.net Enahanced Accountを有していることが条件とされ、Enhanced Accountと6ヶ月のインストールサポートが付属する新規加入の場合69.95米ドル、Basic Accountからのアップグレードが39.95米ドル。後者の場合、2枚のDVD-ROMと6ヶ月のインストールサポート(Enhanced Account付)が付属がする版が99.95米ドル+送料、サポートとアカウントが付かないDVD-ROMのみの版が49.95米ドル+送料。パブリックミラー経由での配布は、2週間後以降が予定されている。

同社オンラインストアでは、YDL5 for PS3をプリインストールしたPS3本体の販売も計画中。価格や販売開始日は明らかにされていないが、本体のタイプ(20GB HDD/60GB HDD)に合わせた2種類が用意され、最新バージョンのYellow Dog Linuxをインストールした状態で出荷される。なお、海外からの個人ベースの注文は受け付けないとのこと。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事