プレイステーション 3にAMGのメディア認識技術、LASSOを採用

レインボー・パートナーズは、米All Media Guide社(以下AMG)のメディア認識技術、AMG LASSO(ラッソ)がソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンのプレイステーション 3(以下PS3)に採用されたことを発表した。

このメディア認識技術、AMG LASSOはAMGが開発した技術で、レインボー・パートナーズがアジア地域総代理店としてライセンスの提供を行うとともに、AMGの日本語音楽データベースの開発元として展開している。AMG LASSOがPS3に採用されたことにより、同社ではユーザーがPS3にCDを入れることで、高速にかつ正確にCDの楽曲名やアーティスト名などの音楽情報を入手することができる、としている。

AMG LASSOは邦楽、洋楽を問わず世界中のあらゆるジャンルの音楽情報を集めたデータベースであるAMGデータベースとリンクしているのが特徴。現在、このAMGデータベースは900万曲を超える膨大な曲名やアーティスト名、アルバム名などがメタデータとして収録されているだけでなく、レコーディング日やスタジオ、演奏者情報、関連アーティスト情報、バイオグラフィー、レビューなどが収められている。

また、エンドユーザーが入力するタイプのCDデータベースと異なり、AMGおよびレインボー・パートナーズのプロのスタッフにより入力されているため、非常に正確な情報に仕上げられているのも大きな特徴だ。

なお、AMG LASSOには、PS3で利用されているCDのTOC認識技術のほか、オーディオデータの特徴から曲情報を割り出すフィンガープリント技術などもあり、すでにPCソフトやカーナビ、AV機器、音楽ダウンロードサイトなど複数のアプリケーションで利用されている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事