Google、Mac OS XをサポートするWeb Toolkit 1.2正式版

米Googleは11月16日(現地時間)、開発キットの「Google Web Toolkit(GWT) 1.2」正式版をリリースした。GWTはJavaベースのアプリケーションをコンパイルして、Ajaxなどで用いられているJavaScriptベースのアプリケーションに変換するためのツール。これにより、本来であれば複雑なAjaxアプリケーションの開発が容易になる。新バージョンのGWT 1.2ではMac OS X上での開発やデバッグが可能になった点が最大の特徴。GWT SDKやマニュアルの最新版はGWTのページから無料でダウンロードできる。

今回のGWT 1.2正式版リリースにより、Windows、Linux、Mac OS Xとプラットフォーム非依存の開発が可能になった。また対応ブラウザもInternet ExplorerやFirefoxに加え、OperaやSafariなど幅広い製品をサポートする。またGWT 1.2正式版ではRC(Release Candidate)のときに報告されたバグの修正や、hosted modeで動作が遅くなる現象など、細かい点での改良が行われている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事