ポラロイド、低価格液晶テレビ投入で国内家電市場に本格参入

 

日本ポラロイドは、国内家電市場への本格参入を宣言し、液晶テレビ2モデルを発表した。32V型の「FLJ-3235」と20V型の「FLJ-2035」モデルで、発売はFLJ-3235が12月初旬、FLJ-2035が12月中旬の予定。オープンプライスで、推定価格はFLJ-3235が10万円前後、FLJ-2035が7万円前後。

32V型で地デジチューナー搭載、HDMI端子も積んでいて、推定小売価格10万円前後という低価格モデル「FLJ-3235」

20V型で1366×768画素のパネルを搭載。こちらも低価格な地デジチューナー搭載モデル「FLJ-2035」

FLJ-3235/2035は、ともに家電量販店のコジマの店頭でのみ販売される。チューナーは地上デジタル/アナログのみの搭載となる。液晶パネルは1,366×768画素。コントラスト比は1000:1で、輝度はFLJ-2035が500cd/m2、FLJ-3235が550cd/m2。応答速度は8msecとなっている。入力は、HDMI端子が1系統、D端子が1系統、S端子が1系統にコンポジット端子が1系統。FLJ-3235では、PC入力用のD-sub15ピン端子が1系統装備される。

同社では、今年2月、ポータブルDVDプレーヤー「PDJ-0722」を国内発売していたが、今回のテレビ2機種で、国内市場への本格参入を目指すとしている。ただし、今回発表されたテレビはいずれも低価格タイプで、現時点では、国内家電メーカーが主力とする高機能タイプの投入は考えていないとのことだ。

同時発表された「デジタルイメージフレーム」。5.6インチタイプの「IDJ-0560」には、三脚穴も装備されている

また、メディアカードに記録されたデジタル写真を表示するフォトフレーム2機種「IDJ-0560」(5.6型)「IDJ-1030」(10.3型)も同時発表している。発売はIDJ-0650が12月初旬、IDJ-1030が近日中となっている。オープンプライスで、推定小売価格はIDJ-0560が1万5000円前後、IDJ-1030が2万5000円前後となっている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

どっち!? 500 ~みんなのホンネが見えてくる~ 第20回 死ぬかもって思う?
[11:02 9/26] 読者プレゼント
中小企業にとってのマイナンバー制度とは? 第47回 マイナンバー制度、今後のスケジュールを再整理する
[11:00 9/26] 企業IT
佐々木希「隠し事だから言えない」- 渡部建との交際は順調?
[11:00 9/26] エンタメ
【特別企画】絶対に行きたい! 地元の人気店で香港の海鮮グルメを堪能
[11:00 9/26] 趣味
巨人Intelに挑め! – サーバー市場に殴りこみをかけたK8 第13回 デュアルコアで花開いたK8アーキテクチャ
[11:00 9/26] テクノロジー