au、ワンセグやデジタルラジオにも対応する「W44S」を発売

 

KDDIおよび沖縄セルラー電話は、auの第3世代携帯電話「CDMA 1X WIN」の新ラインナップとして、「W44S」を発売すると発表した。発売は12月上旬。

W44Sは縦方向の開閉に加え、横方向への開閉が可能な「デュアルオープンスタイル」を採用

W44S(ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーショーンズ製)は、高音質な音楽番組や放送インフラを利用した「デジタルラジオ」、「ワンセグ」、LISMO「ビデオクリップ」、「EZチャンネルプラス」などに対応した端末。

デジタルラジオは、ワンセグTV放送同様に、映像、音声、データなどを放送するサービスで、とくに高音質な音楽番組などが多く、地デジの簡易版という位置づけのワンセグTVとは住み分けが図られるサービス。TOKYO FMとfm osakaが放送するチャンネルでは放送インフラを利用したファイルダウンロードサービスも行われ、番組DJがリコメンドする楽曲の「着うたフル」やビデオクリップを入手できる(パケット通信料不要)という。また、携帯電話の通信機能との連携により、番組で紹介したお店まで道のりを「EZナビウォーク」で案内したり、データ放送から直接コンサートチケットやCD/DVDなどの購入が可能になるなど、双方向サービスも利用できるという。

「W44S」の外観上の特徴は、サイドに大きく張り出した独特のヒンジにある。このヒンジは、従来からの縦方向の開閉に加え、横方向への開閉が可能な「デュアルオープンスタイル」を実現するためのもの。「ケータイスタイル」(縦方向への開閉)では、慣れ親しんだ操作を、「モバイルシアタースタイル」(横方向への開閉)では、専用のメニュー画面「シアターメニュー」とアイコン表示で「ワンセグ」やLISMOサービスの「ビデオクリップ」といったAV機能を簡単に操作できるとしている。

また、「デジタルラジオ」、「ワンセグ」、「EZチャンネルプラス」の3つのメディアを一元的に統合し、専用の「TVキー」でテレビ番組のチャンネルを変えるような感覚でシームレスにメディアを切り替えることも可能。

「W44S」の主な仕様
サイズ 約49(W)×約101(H)×約24(D)mm(ヒンジ部、アンテナ部を除く)
重量 約146g(電池装着時)
ディスプレイ メイン 約3.0インチ(240×432ドット)/サブ 約0.9インチ(120×27ドット)
連続通話時間 約210分
連続待受時間 約270時間
充電時間 約140分
カメラ オートフォーカス手振れ補正機能つき、3.2メガピクセル
付属品 音楽や映像も操作できるマイク付リモコンとソニー製高音質イヤホン

人気記事

一覧

新着記事

ASUS、Android Wearを搭載したスマートウオッチ「ASUS ZenWatch 3」を発表
[23:17 8/31] スマホとデジタル家電
Lian Li、電動昇降機能搭載のPCデスクに大型モデル
[23:05 8/31] パソコン
「働きマン」に「さくらん」も!安野モヨコの20年振り返る展覧会が明日から
[22:47 8/31] ホビー
JR西日本「ラ・マル しまなみ」岡山~尾道間観光列車、10・11月の5日間運行
[21:59 8/31] ホビー
「デジモン」新作アニメのコミカライズが、Vジャンと最強ジャンプで
[21:51 8/31] ホビー