ソニー、エンクロージャーを職人の技で加工したスピーカーシステムを発表

 

ソニーは、3way4スピーカーのフロア型スピーカーシステム「SS-AR1」を発表した。発売は12月21日で、価格は89万2,500円。

ソニーの音響技術と職人の技が合体した「SS-AR1」

SS-AR1は、新開発の3種類のユニットを、熟練職人の手作業により加工したエンクロージャーに組み込んだスピーカーシステム。

SS-AR1の最大の特徴となるのが、共振と鳴きを入念にコントロールしたエンクロージャー。バッフル板は50mmという極厚品。北海道産の楓を使用したもので、厳選した丸太から加工されているという。また、側板はフィンランド産の樺材を使用した積層合板に、圧力による曲げ加工を施したもの。いずれも寒冷地の木材を採用することで、剛性の高さ、木材のもつ響きが得られるという。また、このエンクロージャーと内部の補強剤の最適な配置により、不要な定在波や歪みの低減、回折による波面の乱れの低減などが計られている。なお、仕上げは、ピアノ塗装となっている。

これらの設計に寸分違わぬ加工を実現しているのが、日本の優れた技術を持つ木工職人。同社によると、加工/組み立て/仕上げのすべての段階を日本国内で行うことで、精度の高いスピーカーシステムを実現できたとのことだ。

また、使用されているユニットは、すべて新開発。ツイーターは、25mm径のソフトドーム型。振動板の背面の空気の流れをコントロールする独自の形状により、共振や共鳴を防ぎ、クリアな高温域を実現しているという。ミッドレンジは130mm径のスライスペーパーコーン型。振動板を放射線状にいったんカットした上で、それを再接着することで、歪みを減らすというものだという。ウーファーはアルミ振動板を採用したコーン型。磁界とマグネットを安定させる銅リングも装備されている。ウーファーはダブルドライブ方式を採用しており、ユニット間の干渉を防ぐために、両ユニットの中間にバスレフポートが設置されている。

SS-AR1の主な仕様
再生周波数帯域 28~60000Hz
クロスオーバー周波数 400Hz/4000Hz
出力音圧レベル 88dB
インピーダンス
最大入力 200W
サイズ 320(W)×1080(H)×490(D)mm
質量 約57kg

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

NTTデータ、マイナンバーの公的個人認証活用の本人確認ソリューション
[11:47 7/28] 企業IT
シーラカンスの胸ビレから人間の腕の筋肉の原型を発見 - 金沢工大など
[11:44 7/28] テクノロジー
デジタル造形の「ホントのところ」徹底分析 - ワンフェス2016[夏]
[11:40 7/28] パソコン
横河レンタ・リース、従業員向けインストールパッケージ作成ソリューション
[11:30 7/28] 企業IT
[小倉智昭]「とくダネ!」が放送回数最多に 17年4カ月で無遅刻4452回
[11:17 7/28] エンタメ