ティアック、Wリバースカセットデッキを発表

 

ティアックは、カセットデッキ「W-865R」を発表した。発売は11月下旬で、価格は4万7040円。

まだカセットデッキはなくならない。写真のシルバーのほかにブラックモデルも用意される(このクラスの同社製カセットデッキだと、ブラックモデルの方がしっくりくる)

W-865Rは、2台のカセットメカを搭載したWリバースデッキ。左右どちらのデッキでも録音/再生が可能な上、標準速/2倍速でのダビングも可能。ワンタッチダビングスタート機能も搭載されている。

搭載されているノイズリダクションシステムは、ドルビーB、高域の特性を改善するドルビーHX Proも搭載されている。ワウフラッターは0.09%(W.RMS)+-0.1%。SN比は58dB(NR OFF時)。対応するテープは、ノーマル/クローム/メタル(再生のみ)。

Wデッキということもあり、両面連続演奏や(5回まで)、ブランクスキャン(無音部分を検知してスキップする機能)、イントロ再生などの多彩な再生機能を備える。

録音に関しては、オートレックミュート(約4秒)、パラレルREC(両方のデッキに同じ内容を録音)などの機能を装備する。

なお、W-865Rは従来機W-860Rの後継となるモデル。W-860Rでは、これらの機能に加えてドルビーC(ダイナミックレンジの拡張)、メタルテープへの録音といった機能が搭載されていた。しかし現在、カセットデッキに使用されるパーツを製造するメーカーは少なく、入手は次第に困難になってきている。製品、保守部品を今後長期間にわたって安定供給できるという点を優先した結果、あまり使用頻度が高くないと想定されるそれらの機能がW-865Rでは省略されているということらしい。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[バナナマン・設楽]日村からの“サプライズ”に困る 人気の柴犬「まる」も登場
[21:03 7/24] ホビー
都知事候補の女子大生淫行疑惑、巨人エースのお持ち帰り、ASKAの新ブログ - 週刊芸能ニュース! 注目トピックスBest5
[21:00 7/24] エンタメ
[中川翔子]ポケモン映画に10年連続でゲスト出演 「サトシの人生一人分!」の歴史に感無量
[20:37 7/24] エンタメ
[市川染五郎]「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z」で初アニメ声優 「ギャップを楽しんで」
[20:19 7/24] エンタメ
ハルとアキ 第46回 自信なんてないよ
[20:00 7/24] ライフスタイル