工人舎、7型ワイド液晶搭載でファンレス駆動のミニノートPCを発表

 

工人舎は7日、7型ワイド液晶を搭載するコンパクトなサブノートPC「KOJINSHA SAシリーズ」を発表した。HDDの容量や、Office Personal Edition 2003の有無の違いにより2モデル用意され、同日より受注を開始し12月1日より、ソフマップ、上新電機、ビックカメラ、ベスト電器、ヨドバシカメラといった量販店のほか、工人舎のウェブサイトで販売される。

工人舎のサブノートPC「KOJINSHA SAシリーズ」

工人舎では、KOJINSHA SAシリーズの主なターゲットを、外出先でメールの送受信、ファイルの確認・修正、インターネットの閲覧、プレゼンなどを行うユーザーとし、持ち歩いて使うのに、最低限ストレスを感じさせないようにCPUはAMD Geode LX 800を採用したとする。なお、CPUは低消費電力、低発熱であるため、KOJINSHA SAシリーズはファンレスで動作する。

また、同社によると、本体が小さくても快適なタイピング環境を実現するため、キーピッチ16.8mm、ストローク1.5mmのキーボードの開発に一番に着手し、このキーボードのサイズに合わせ、筐体の大きさが決定されたという。

そのほか、KOJINSHA SAシリーズのユニークな点は、車のカーナビ用として利用例の多い7型ワイド液晶を搭載していることだ。この7型ワイド液晶にはLEDバックライトが採用され、800×480ドットのWVGA表示に対応する(プレビューモードで1,024×600のWSVGAまで疑似表示可能)。なお、ディスプレイのヒンジ部は回転式で、表側から裏側に180°回転させて折り畳むことができる。その際には画面の左のスティックポイントと、画面右に用意されたスクロールボタン、マウスボタンで画面の操作が行える。

2モデル共通の仕様となるのは、OSがWindows XP HomeEdition SP2で、CPUはAMD Geode LX 800、メモリの容量が512MB、ネットワーク機能として、有線LAN(100BASE-TX対応)、IEEE802.11b/g準拠の無線LAN機能、Bluetooth機能を備えていることだ。

インタフェースの構成は、USB2.0×2、LAN、ディスプレイ出力(D-Sub15ピン出力)、マイク入力、ヘッドフォン出力。スロットはCFカードスロット(Type I×1)と3in1メディアカードスロット(SDメモリカード(SDHC、SDIO対応) / メモリースティック / MMCカード対応)を装備する。

本体の外形寸法は218(W)×163(D)×25.4(H)mmで、バッテリを装着した状態での重量は約960g、バッテリ駆動時間は約5時間だ。

エントリモデルの「SA1F00A」はHDDの容量が40GBで、価格は89,800円。上位モデルの「SA1F00B」はHDD容量が80GBで、Office Personal Edition 2003がプリインストールされる。価格は109,800円。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】妊活は女性だけの問題にあらず! 男性不妊の原因や検査を知る
[11:00 6/29] ヘルスケア
家族の夏のおでかけに使える無印良品のオススメグッズ5選
[11:00 6/29] ライフスタイル
デル、2U4ソケットサーバの第13世代「Dell PowerEdge R830」を提供開始
[10:58 6/29] 企業IT
【特別企画】ピアノの先生も興味津々! - カシオの電子ピアノ「CELVIANO Grand Hybrid」
[10:52 6/29] 家電
Google、2016年上半期検索ランキングを発表
[10:38 6/29] 企業IT