Accenture、ロンドンオリンピックのバックオフィスシステムプロバイダに

Accentureは、財務、会計、人事、購買などの運営委員会内部のプランニング・プロセスを支援するバックオフィスシステムを設計、構築する。

Locogでは9月に事前資格審査質問表(PQQ)を発表、これを受け、Accentureのほか、米IBM、英LogicaCMG、英BT Global Servicesが候補となっていた。Locogでは、運営情報に関する単一レポジトリを作成することなどをプロバイダに希望していたようだ。

Accentureが担当するのはバックオフィスシステムのみ。オリンピックとパラリンピックのゲームに関するITインフラシステムは、2001年より国際オリンピック委員会(IOC)の認定ITパートナーとなっている仏Atos Originが提供する。IOCとの提携の下、Atos Originは、リードITサプライヤとして、ゲームのITインフラの設計、構築、運行を任されている。

Locogでは、2012年オリンピックのICT関連費として、ITシステムに2億400万ポンド(約448億8000万円)、テレコムに6300万ポンド(138億6000万円)、インターネットアプリケーションに1250万ポンド(約27億5000万円)の予算を見込んでいるという。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報