サイレックス、iTunes導入PCとiPodの間をワイヤレスで接続するドックを発表

サイレックス・テクノロジーは、iTunesがインストールされているPCとiPodとをワイヤレスで接続するドック「Wireless Dock for iPod」を発表した。発売は11月25日で、オープンプライス。同社ブランドのモデルはアップルストアと同社のショッピングサイトのみで販売されるが、同じ製品が「コレガ」ブランドで量販店などでも販売される予定。

iPodとPCの間を無線LANで接続する「Wireless Dock for iPod」。ブラックとホワイトの2色が用意される

背面には、アナログのオーディオ/ビデオ端子、そしてEthernet端子が装備される

同社は、ワイヤレスプリントサーバなどで知られるメーカー。今回発表されたWireless Dock for iPodも、同社独自の「USBデバイスサーバテクノロジ」を応用し、TCP/IPプロトコルにUSBのデータを乗せるこという製品。使用される無線LANの規格はIEEE802.11b/g。WEPやWEP2-PSK、WPAなどのセキュリティにも対応する。また、Ethernetケーブルによる有線接続も可能。対応する環境はWindows 2000 Pro以降とMac OS X10.2.7~10.4x(PowerPC)/10.4.3~(Intel)となっている。

Wireless Dock for iPodは、iPodを設置するDockのような形状をしており、アナログオーディオ出力端子を備える。「同期/再生」を切り替えるモードボタンが装備されており、ネットワーク上のPCにインストールされたiTunesからの音楽ファイルの転送も可能となっている。モードボタンは、「Apple Remote」のメニューボタンで切り替えることも可能。Wireless Dock for iPodをリビングにあるコンポやパワードスピーカーなどのそばに設置すれば、PCの設置場所とは関係なく、iPodを使用することが可能になるというわけだ。

同社では、屋外ではiPodで音楽を聴き、自宅に帰ったらこのWireless Dock for iPodでiTunesとの同期をとったり、再生を行ったりというスタイルを提案している。

ただし、Wireless Dock for iPod側には、PCの電源を入れる、あるいはスタンバイから復帰させるというファンクションは搭載されていない。また、同機以外のiTunesの操作もPC側から行う必要がある。したがって、帰宅したらiPodをWireless Dock for iPodに乗せて、それで全部OKというわけにはいかないようだ。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事