バンダイ、ネット経由で操縦できるホームロボット「ネットタンサー」

大塚実  [2006/10/18]

バンダイは18日、インターネット経由での遠隔操作に対応したホームロボット「ネットタンサー」を発表した。「ワンダーボーグ」「タンサーボーグ」と続く同社自律型ロボットキットの最上位モデルとなるもの。ネット販売のみの製品で、受注は12月16日より開始する。価格は50,000円(送料別)。

新製品の「ネットタンサー」。PCの画面は付属ソフトの「ロボットワークス3」で、右下には各センサーの情報も表示される

「ネットタンサー」は、発売中の「タンサーボーグ」に、カメラ付きのネットワークユニットをセットにした商品。タンサーボーグの上にネットワークユニットが乗る形で、タンサーボーグに搭載されるセンサーやアクチュエータはそのまま利用できる。タンサーボーグのユーザー向けには、ネットワークユニットの別売キット(30,000円)も提供される。

ネットワークユニットには無線LAN機能が搭載されており、カメラから送られてくる映像を見ながら、パソコンの画面上で遠隔操作することが可能(アクセスポイントはユーザーが別途用意する必要がある)。臨場感ある運転感覚が楽しめるほか、ルーターの設定をすれば外部からも接続できるので、留守中の自宅の様子をチェックするようなことも、用途としてはいいだろう。

そのほか、人工知能簡易言語「ボーグスクリプト」にも対応。これにより、画像認識、音声認識、インターネット機能などを使ったプログラミングも可能で、例えば自律的に室内を巡回したり、決まった相手に伝言メッセージを伝えるようなことができる。ちなみに、画像認識や音声認識などの重い処理はPC側に任せることで、本体のコストダウンが図られている。

全高は約19cm(アンテナ部までは約29cm)、重量は約980g(電池含む)。単3アルカリ電池10本(ネットワークユニット6本+タンサーボーグ4本)を使用し、連続約2.5時間の動作が可能だ。12月16日より、バンダイロボット研究所のサイトで販売の受付を開始し、年内から順次発送される予定だ。

ネットタンサーは、11月3日から開催される「アキバ・ロボット運動会2006」(会場:秋葉原UDXビル2階・AKIBA_SQUARE)でお披露目される予定。ファミリー層をターゲットに、同社では2007年12月までに3,000個の販売を見込んでいる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『双星の陰陽師』神威役の小野友樹からコメント到着
[15:37 6/25] ホビー
[蛯原友里]オールホワイトコーデで登場 温活美容を語る
[15:36 6/25] エンタメ
[二階堂ふみ]“ゆるふわ”ファッションで舞台あいさつ 小泉今日子との共演「幸せでした」
[15:06 6/25] エンタメ
長瀬智也、KinKi Kidsとラブホに泊まった過去告白「回転ベッドに川の字で」
[15:01 6/25] エンタメ
「ナヴァグラハ」ドラマCD声優発表!福山潤、櫻井孝宏、安元洋貴ら8名
[14:37 6/25] ホビー

本音ランキング