ついに1.0に、"Click" - 人気上昇Java Webフレームワーク

The Click Framework Projectは3日(米国時間)、Click Web Application Framework(以降、Click)の最新版となるClick version 1.0を公開した。Clickは商用のJava開発を視野に入れて開発された学習容易なJava EE/Webアプリケーションフレームワーク。

ClickはApache License Version 2.0のもとで公開されているオープンソースソフトウェア。1ページに対してVelocityテンプレートとPageクラスを作成。HTML要素に対してそれぞれコントローラを生成してPage内で使うという、ページ指向とコンポーネント指向の両方を組み合わせた作りになっている。適度な細粒度とページ指向というなじみやすさで、開発効率と学習容易性を実現しているという特徴がある。

Click 1.0ではRC2からバグの修正、細かいいくつかの機能の追加、関連するライブラリのアップデートなどが実施されている。Clickのサイトにはドキュメントが豊富にそろっており、概念の学習やイントロダクション、ベストプラクティブを学ぶことができる。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事