激レア商品、未発表GPU搭載のMSI「NX7900GTO」が発売!

 

今週、秋葉原で一番の話題となっているのが、MSIのPCI-Eグラフィックカード「NX7900GTO-T2D512E」だ。型番は"7900GTO"とあるが、NVIDIAのGeForce 7900シリーズにはそのようなGPUはなく、「OEM向けのGPUでは」というショップの声もあった。MSIの創立20周年記念モデルということで、入荷量は各ショップとも極めて少ない。

争奪戦状態となっているMSIの「NX7900GTO-T2D512E」

2スロット厚の製品で、見た目は7900 GTXと変わらない

MSIジャパンのサイトによれば、同製品のスペックは、コアクロックが650MHz、メモリクロックが1.32GHz。7900 GTXがそれぞれ650MHz/1.6GHz、7900 GTが450MHz/1.32GHzなので、コアクロックはGTX、メモリクロックはGT相当ということになる。価格は35,000円前後で、7900 GTX搭載VGAが大体55,000円以上で販売されていることを考えると、非常にお得な製品と言える。

「GeForce 7900 GTO」を搭載。出力はデュアルDVIだ

そういったこともあり、6日は、複数のショップで朝から行列が見られたという。しかし入荷量は各ショップとも数本~10本程度と少なく、すでに完売のショップも出ている。取材中も「MSIの…」「完売です」という短い会話を見ることが度々あり、ユーザーの注目は高いようだ。

再入荷があるかどうかは不明なものの、数量限定ということから、ない可能性が高い。週末での完売は必至だが、T-ZONE PC DIY SHOPでは、3連休の7日~9日の各日に、少量ずつ販売することも予告している。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

米Uber、FintechスタートアップBettermentと提携、ドライバーの年金計画で
[08:05 8/25] 企業IT
Win10スマホ「MADOSMA Q601」はビジネスシーンで使えるか
[08:00 8/25] 企業IT
TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』、石田燿子が歌うOP曲のタイトルが決定
[08:00 8/25] ホビー
Apple IDを完全に削除できますか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 8/25] スマホとデジタル家電
NVIDIA、自動運転車向けSoC「Parker」を正式に発表
[08:00 8/25] テクノロジー